夢でござる 豊平区温泉
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
つきさむ温泉

2/8
平日休みなので、土日混んでてなかなか行かないつきさむ温泉へ行くことに。

入館料は税込みで1255円(湯衣、タオル込み)。
いくつかの湯(基本的には全てアルカリ性単純温泉)に浸かり、露天のまわりにつもった雪でお湯の中から雪だるまなんぞ作ってみたりして。
せっかくなので、3階のリラックスルームで寝てみたりして。



100206RAMA本店チキン8 温泉の近くにあるところ…ということで、RAMAI本店へ。
 13時少し前、先に2組の待ち客。
 
 本日もチキン、辛さは以前の日記で6番では物足りないとなってたので、私8番、umami7番で。
 食べやすい味だけど、何だか今日は飽きてしまった。
 年のせいか?、もっとサラサラ系が好みになってきてるような…。




太極拳1 2/9

仕事で太極拳講座。
この表の1番から24番までを覚えるだけでも3ヶ月はかかるとのこと。
とりあえずわけもわからず1番の 起勢から左右野分卑鬣白鶴亮翅まで、1時間で精一杯。

ちなみに1から24までを続けて1クールとなります。 
わけわかんなくなるって~(汗)。

 





100210蟹工船海鮮ランチ 2/10
 本日もお休み。
 以前からずっとランチに誘われていた、職場関係の方とデート。
 シチューのお店でと言われていたけど、行ってみたら定休日。
  仕方がないので近くにある蟹工船へ行くことに。

 ランチメニューの中から、生ちらし寿司セット。
 味噌汁(鉄砲汁)、蟹入りサラダなどがついてます。

 ここは蟹の販売店なので、メニューも蟹尽くしが多い。
 しかしここに来たのはもう20年以上ぶりかも。

職場の関係とはいっても、時折私の職場に顔を出す程度の方、
それなのに3時間も粘って仕事の話とか日頃のこととかおしゃべり。



スポンサーサイト
080114RAMAI.jpg1/14
 またもumamiとカレーと温泉。
 温泉に行かなきゃまたワックス作業をしてしまいそうでヨカッタ~。
 
 豊平区にあるRAMAIにてスープカレー。
 以前にも一度来たことがある店。
 バリ島だかなんだか、アジアンちっくなつくりで、
 天井が低い感じなのでちょっと圧迫感がある店内。
 店内は結構込んでいて、大きなテーブルに相席の場所で。

チキンの7番(umamiは6)、ライスはSサイズ。
味としてはまぁまぁ好みなのだが、我々にはかなりしょっぱい(以前もこんなにしょっぱかったかなぁ)。
私は8か9番の辛さでもよかったかな。
出てからもかなり喉が渇いてた~。


緑の湯
西岡にある緑の湯。
住宅街にある日帰り温泉。
さほど混んでなかったからよかったものの、なんせ駐車場が狭い!
露天、小さめのサウナつき。
内風呂の広さのわりにカランが多い。
食塩泉で、薄褐色、少ししょっぱめ。
サラサラしてて思ってたよりはよかったかな。
住宅街にあるので、露天の景色には期待してなかったが、小高い丘の上にあるので建物に遮られてるわけでもなく、藻岩山が望める。
さほど広くない細長い露天(6~7人は入れるかな)だが、空いてたのでゆったり。

それにしても期待してはいなかったので、思ったよりはお湯はよいが、どんどん銭湯も400円前後で天然温泉が普通になってきてるので、800円でこの設備、経営はちと厳しくなってるのでは?といらぬ心配したりして。
 
2007.02.24 月寒温泉
何をそんなに生き急いでるの?と言われそうなほど、本日も温泉。

今日は先日混んでる駐車場を見て断念した月寒温泉にリトライ。
いつもは家事を済ませて11時頃出発する事が多いんだけど、少しでも混雑回避をという事で、10時発。

頑張った甲斐があって、入浴客もまばら。
のんびり源泉掛け流しのお風呂や露天風呂に浸かる。
朝、モサモサと降ってた雪も止んで青空が広がってきた。
でもとにかく強風と低気温(―5度位かなぁ)。
露天を出る頃には頭にのっけたタオルが端から凍ってきてた。

一旦、フロントで渡された浴衣に着替え、中にあるレストランにて昼食。
ホッキ貝の握りとヤリイカの握り(各4個)とあんかけ焼きそばを二人ではんぶんこで食べる。

女性専用休憩室の椅子に横になり休憩、30分のつもりが1時間20分も寝てしまった。

慌てて起きて、もう一度お風呂に入って終了(今回は岩盤浴せず)。

家からもそんなに遠くないし新しい施設なのできれいだし、露天や内風呂も広く、濃いコーヒー色の源泉のまったりしたお湯で入った感は強いけど、1回1150円なのでそうそういつもは来ないかなぁ。
でものんびりくつろげたな~♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。