夢でござる 2006年12月
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.12.30 弁解。
昨日から長い休暇に入ったぞ!
少しずつ大掃除、このときばかりは4畳半一間の家だったら良かったのに、と思う。
普段からきれいにしている人に大掃除のことを聞くと大抵、
「別にこれってすることないんだよね~」と言うので、私もそういうことにした。
そんで、大掃除で間に合わなかった場所が発生してきたので、
「我が家に窓はない」こととした。
さらに私の人生訓、「今日出来ることは明日でもできる!」が急浮上、「年が明けたらたっぷり8日も休みがあるではないか!」と開き直りの態度で臨む覚悟。

こんなこと毎年言ってる。日記なんか書く暇あるならやりたまえ!!(自分に喝っ!)


ところで時期いつも思うのだけれど、お正月の飾り(しめ飾りとか玄関の飾り)についていつも納得がいかなくなる。
「新年を迎えるにあたり、神様たちを気持ちよく迎えてやろう!」という心意気はわかるが、
何故に毎年、わずか数日しか飾らないのに燃やさねばならぬか?
折角わらを編んだり飾り付けたりと、一生懸命作ったものをお金を出して買ってきて、わずか数日の命。
神様だって、せっかく飾ってくれたものをはずされて寂しくなるではないか!
(という発想で1年間、神棚につけてあげたこともあったけど、親戚の年配者に「それはないしょ!」と言われた経験あり)。

しかもこのリサイクル時代、松の内が終わってはずしたあとは大事にしまって来年もまたよろしく!とできたらきっと少し立派な飾りを買って大切に扱うだろうに…と思う。
そのほうが神様だって絶対嬉しいはずなんだけどなぁ。

他に鏡餅も。
最近は上下一体餅型のプラスチックの容器の中にパック餅が数個入ってる物が出ているが、これも毎年処分だ。
餅は鏡開きに食べて、あとの容器は取っておく。
そんでまた新年を迎えるにあたり、「この中にお餅を詰め替えましょう」とどこかのメーカーが「詰め替えタイプ」なるものを出してくれたら絶対買う。
こんなよこしまなこと考えるのは私だけ?



先日、ネットで注文していたタラバガニ(2キロ)が届いた。
宅配より「代引きですがこれからいますか?では今伺います」の電話があり、宅配屋のお兄ちゃんがやってきた。
来たには来たが、
「すいませ~ん!、荷物積み忘れてきたので取りに戻ります!」
宅配が荷物を忘れ何しに来たのか…、私のような人がきっと配達してるんだろうと解釈。



20061231060255.jpgわが母603(ロクマルサン)からリンゴが送られてきた。
りんごは2種類入ってて、新聞にくるんで「ハックナイン」と「ふじ」とマジックで書いたようだ。
箱から取り出していてびっくり!
ふじ、ハック、ふじ、ハック、ハック、ふじ、ふじ…そんで…左の写真をクリックしてみて!

スポンサーサイト
夕ご飯食べて、お茶碗洗って、お風呂入って、お布団について即バッタリ
お陰で5時から起きてしまった。
外は雨。
この時期に雨が降るとユーミンの「12月の雨」を口ずさんでしまう。

仕事も29日を休みにしたのであと2日。
訪問介護ステーションからのお誕生日プレゼント用作品の来年度用の注文がきてて、その作品が決定した。
依頼者からコルクボードで、とのこと。
いくつか見本品を出したが、ネコのデザインのものとなった。
来年度1年間で80個くらい製作予定。

子供のゲーム用のテレビの画面が使ってると半分位の画面サイズになるというヒヤヒヤテレビ(パンチすると直る)だったところにテレビを頂いた。
たまに町内を回ってくる「♪不要になったオートバイ、パソコン、テレビなどはありませんか~?」という廃品回収業者が来ないかなぁ?と思ってたところにグットタイミングで我が家の前を通りかかった!
お~!これは出さねば!!と呼び止める。
ちなみに21インチ以下で10年以内のもので引き取り料1000円、それ以上のサイズで10年以上経った古テレビで2000円とのこと。
普通の家電リサイクル料は2835円。
店舗持込や引取りの場合、さらに送料などがかかり4~5000はするので急いで、引き取ってもらう。
慌ててテレビ台からテレビを下ろし、玄関先まで出して、部屋に戻り貰ったテレビを載せようとして気がついた!
「貰ったテレビを出した~!!」
慌ててお兄さんが今、まさに車に積み込もうとしてるところで
「ま、まって~~!それいるやつ~!」
前日の夜中に次男がテレビの新旧入れ替えをいつのまにかしてたらしい。
お兄さんにあきられつつも旧テレビを再度提出。
一件落着、と思ったら♪ピンポ~ン
なんとお兄さんが車に乗せたテレビ、あまりのパンチに耐え切れず枠のところが割れてるのに気づいて、
「ここにヒビがあると業者に買い取ってもらえないんだわ~」とのこと。
せっかく乗せたテレビをまた下ろし、再び我が家に戻ってきたのであった。


12/21
今年の講師を招いての講座の1回目。
今回は近くのボウリング場でボウリング講座。
13時オープンの店なので時間に合わせて到着したが店が開いてない!
待てど暮らせどお店の人がこなくって、メンバー共々外で40分も待たされた。
吹雪でない日でよかった~。
アニマル浜口みたいな顔の講師はどうやら忘れていたらしい。
ようやく浜口も到着して、ボールの選び方、持ち方、投げ方などを一通り説明されて各自投げるので見ながらアドバイスをしてくれることになった。
が、数回声をかけてからは浜口の姿がない。
見るとフロントで本来業務の仕事をしたりダンボールをたたんだりしてるのだ。
(みんなを)見てもらえませんか?と声をかけても「これでいい」というのだ。
おいおい、市民の税金から講師謝礼貰うんだからもう少し働けよー!

12/22
休み。
洗面所関係など大掃除。
このペースなら間違いなく年内完了は無理。
年が明けても休みなんだから大掃除は出来る!といいように解釈。
絶対年を越したら1年しないくせに~

12/23
ネットで毛蟹を注文しようとあちこち見てたら、頼もうかと思ったところがなんと千歳。
それなら見学かたがた店舗で買えば自分で選べて送料かからずいいのでは?とumamiと行ってみる。
が、お店の人にネットで見て買いに来た旨伝えると、同じもの売ってもネットの方が安く買えるからその方がいいよと教えてくれたので、買わずに出る。


20061224073909.jpg空港が近いので、そこでお昼でも…と行ってみる。
ブラブラお店を探してるうちに、離発着の見えるガラス窓に沢山人がいるので覗いてみた。外は吹雪になってきてて、どうやら離発着が遅れたりしているらしく、飛行機の雪を払い落としたり、滑走路に特殊な除雪車が何台も連なっていたり…(写真はエレファントという雪を払う車らしい)。
はたらくくるま好きの二人はすっかり虜となって、ご飯も食べるのも忘れ、あの車は何をする車か?、あの特殊車の運転してみたいとか、飛行機は冬タイヤを履くのか?とか、あれはもうすぐ離陸するだとか、何台滑走路で待機してるのか?とか、するならどの仕事をするか?とか、いやもう、楽しいのなんのって。

1時間半も眺めてきりがないので諦めて夕方近くになったので、適度に食べれる回転寿司でもと入った店が、悲惨。
ネタの種類がないし、高い!
よって頼むものすらないのだ。
T歳空港での回転寿司はおススメしないよ!

空港でやってた抽選くじ1回を引いて300円商品券をGET。
25日までしか使えないというので、慌てて北菓楼のおかきに交換。

帰り道、umamiがYマダ電気でインクやら用紙やら購入するというので、私の持っていた12月末で切れる500円券を使いなよとプレゼントする。
それにはカード番号とかがついてるので、そのかわり買ったもののポイントを私のに入れなきゃだめだよと貸してあげた。
購入後わかったが、当日ポイントが私のに508点ついたとかで、結局500円分以上に私のカードにはいることになった(UMAMIすまぬ)。

冷凍のきくお正月ものを少し買ったりして帰宅。
2006.12.17 ☆森の湯☆
20061217212801.jpg12/15
元木工おじさんと先輩1103とで忘年会。
場所は地下鉄白石駅そばのおじさんの姪がやってるという居酒屋。
オーナー(調理人)が元魚屋というだけに、お魚類がよろしい。
超波乱万丈の人生を送ってきたおじさんに苦難をいかに乗り切るかという話を聞く。
翌日(12/16)は2歳で火事で亡くしたおじさんの長男の命日。



12/17
生まれ故郷に住む友人よりシシャモが届く。
シシャモって日高から釧路あたりまでの太平洋岸でしか採れず、しかも世界的にもここだけだとか。
さらに故郷の港が一番の漁獲高らしい。
ってことは世界一のシシャモの漁獲高ってことじゃないか~!!
子供の頃、当たり前と思ってたこんな魚が今じゃ超貴重品。
超うれしー!
今夜はシシャモと山菜そばにする。

午後からumamiと森の湯に。
入った途端スベスベ感があるのでわかりやすいお風呂だなー。
のんびり入って、まっすぐ帰宅。

浴室のみ大掃除。
休みがあるくせにさっぱりお尻に火がつかない。
このままではこのままのまま年を越しそうだ~
2006.12.15 日々。
札幌は16日間最高気温が氷点下の真冬日が続いてたので、大学で一人暮らしを始める時に買ったレトロコタツ(裏が麻雀できるやつ)を居間に出してみた。
途端に少し暖かくなっちゃった~。
次男は居間のコタツを見て「うわっ、ちっちゃ!」
それでもお気に入りのようで、朝コタツの中に着替えを入れてからご飯を食べて、コタツの中でゴソゴソ着替えるという、なんだか懐かしい光景を見てるような…
2006.12.11 南郷の湯
12/9
午後からumamiと南郷の湯
前日の雪かき及び夜中の筋肉痛?の残るカラダ故、電気風呂にて電気を肩に当ててみたり。
効いたのか気のせいか、少し楽になったかな。
2006.12.11 千の湯
12/10
カメムシコールがかかり、温泉カメムシ。
今回は以前から行っててみたかった東区にあるアミューズメントパーク付き温泉千の湯
突然のカメムシで集まったのは4名。
まずは温泉、娯楽施設的分雰囲気のところなのでお湯にさほど期待はしてなかったが、小さな一人用五右衛門風呂のようなところは源泉賭け流しとかで、しっかり濃いお湯でよろしい。
露天に行くと屋根なしのところでは雪がモサモサ頭に積もるほど降ってるので必然的にみんな屋根ありのところにかたまって入っている。
我々4人も温泉に入るサルとなり、心地よいお湯でおしゃべりしながらのんびり。
 一旦渡された浴衣に着替え、お昼。
もちろんカメムシなのでビールつき。
持ち込み禁止の食事処にしっかりおつまみ出して。
さきいかの天ぷら美味。
 その後ビールと食事で苦しいお腹のまま岩盤浴(薬汗房)へ。
クールダウンする場(雪の癒)は工事中のため使えず。
ここは幾種もの岩盤浴があるので出たり入ったり。
 大広間で休憩してそうこうしてたら突然時間が迫ってきて、シンデレラ達は大慌てで再びお風呂して解散となる。
 やっぱ今度は泊りがけ温泉でやりたいねー♪
本格的な冬がきた。
ここ数日の雪はきっと根雪だろうな。
夜中に除雪車が通っていった。
今朝は今年初のママさんダンプ登場。
昨日の雨交じりの雪の上にしっかり積もった雪でカラダバラバラ。

時折吹雪く中、次男を学校まで送る。
雪原のような道を走り、歩道と車道の境がなくて一面真っ白。
ホワイトアウトのような中を走ってビビる。

そういえば昨夜寝ていて突然目が覚め、左足(腰から下)が全く動かせないことに気づく(右足は全然なんともない)。
曲げることも足首動かすことも、横を向いたり寝返りしたりも起き上がることも痛くて全くできなくて、このままならトイレにも行けないではないか!!と焦ってそろりそろりと動かして何とか横だけは向いた(20分位奮闘)。
とりあえず動かさないでいる分には痛みはないので、今更夜中にジタバタしても仕方がないと眠ってみた。
朝起きたら昨夜の痛みは夢だったのか?と思うほど普通に動いている。
腰や左足の筋肉あちこちが少し筋肉痛として残ってるようなので恐らく夢じゃないよな。
その筋肉痛と雪かきでマジで全身痛いな~、トホホ。

先日受けた対ガン協会での検診結果、今年は何とか病名追加してなかったのでちょっと安心。
一緒に受けたokkaさんも大丈夫だったようだ。
Mは引っかからなかったのだろうか。

クリスマスグッズ作りも終わったと思ったら新年度の注文品(50~60個作成)の作品の見本(数種類)作り。
デザインがなかなか決まらずようやく1つは形になったかな。
といってもそれが選ばれるとは決まってないんだけど。
あと2種類作れないかなぁ。

2006.12.03 白樺の湯
いい湯だな♪

20061203065220.jpg12/2
久々にumamiと温泉ドライブ。
行き先は定山渓。
お昼にかかるので先にお蕎麦屋さんに。
海老天そばを注文したんだけど、天ぷらがぐったりならないように、丼の端にのっかってジュージュー音を立てて登場。
アツアツでジュージューはちょっとビックリ、ちょっとウレシイ。
umamiの頼んだ三菜そばもスーパーなどで売ってる山菜パックじゃないらしくおいしそうだったなぁ。

白樺の湯に行く。
こじんまりとした温泉で、客もまばらなのでのんびりゆっくり、お湯もさらりとしたいいお湯だったよ。
ここは日帰りのみだけど、こんなとじんまりとしたこれくらいの宿泊施設、1日限定5組までならいいよねー(経営成り立たないけど)…などとお湯に浸かりながら話す。
久々にいいお風呂に来た感じ。

帰りはまだ日も暮れないうちに早く着きそうだねと、大型ホームセンターに寄ってみる。
ペットショップやインテリアコーナーなどぶらりと眺め、外に出たらもう真っ暗!
しかもモサモサと雪がいっぱい降っていたよ!




2006.12.01 春日湯
庶民のお風呂♪

12/1
午後から千歳駅近くにある銭湯春日湯に行ってみた。
ケロリンの黄色い桶、お湯のみのカラン、ごくごく普通の昔ながらの銭湯のつくり。
入ると社交場?があって中央に番台が設置され、2代目若旦那(推定年齢35歳)が座っていて、のほほんと肩肘ついてワイドショーを見ている。
客離れを食い止めようとしてるのか、薬湯風呂だのジェット水流だの、
ブラックシリカだのと努力はしてる様子。
上がって髪を乾かそうと思い、ドライヤーを見るとイオン式ドライヤーは10分100円。
こんなところで髪乾かすのに100円は払えぬ。
横をみると普通のドライヤーが20円。
おっ、これでいい…とお財布出すと小銭が10円しかない。
あとはパーマ屋さん式「お釜ドライヤー」があり、コイン投入機のところに10円と書いてるのが見えたので勇気を出して使おうかと近づくと
「10円」の下に「2枚」と小さく書かれてあった。
若旦那35歳にババシャツのまま両替してもらいに行くのもな~…と迷い、結局面倒でドライヤーせず店を出た。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。