夢でござる 2007年11月
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20071118141230.jpg11/17
umamiとLavi平岸にてスープカレー。
二人ともチキンでumami4番、私は5番で。
ランチタイムに行ったのでソフトドリンクサービスらしく、二人ともラッシーを頼む。
ついでに携帯でQコードアクセスして食後のデザート(アイス)サービスもゲット。思ったほど辛くない。6か7でもよかったかも。
4番を頼んだumamiはかなり物足りなかった様子。
味的にはトマトベースって感じかなぁ。
バランスの取れた、クセのない味。
ちょっとカレーとしては物足りない感じかも(辛さレベルが足りなかったからかな?)。


小金湯温泉 まつの湯

定山渓目指し、そういえば小金湯温泉の黄金湯旅館と小金湯パークホテルは現在新装及び改装してるのはどうなってるんだろう?とちょっと寄り道。
黄金湯温泉旅館の方は、すっかり取り壊されて、随分立派な建物になりそうな気配。
あの蛇口からも温泉が出ていたのはきっとなくなるんだろうなぁ。
玄関前にあった大事にしていたらしき大きな御神木のような木も見えなかったけど、切ってしまったんだろうか?

どうせならとまつの湯に回ってみると、いつもいっぱい車が停まってるのに、思いのほか空いてる様子。
そこに決定。
10%割引券を使って、2時間で450円也。
男湯、女湯と日替わりで変わっているらしく、前回の時入ったのとは違う方の温泉だった(今回のほうが広い!)。
加温、循環、塩素あり。
以前訪れたときには随分と塩素臭がして、さほどお湯もいいとも思えなかったが、今回はけっこう硫黄の香りが漂っていて、温泉っぽいぞ。
さほど大きな露天ではないけれど、見える景色が山側にあって、きっとここからの紅葉はきれいだったろうと思わせる向き。
来年の紅葉シーズンに入ってみたいな。


スポンサーサイト
20071118134551.jpg20071118134221.jpg








11/14
駅の広場にてバザー開催。
毎年この時期の作品は、普段の木工・手芸品のほかにクリスマスグッズや干支の作品が加わる。
写真は先輩1103が中心になってやってる毛糸のネズミさん。
ネズミ算式に増えてます♪

今回は翌日の天気が荒れるとの予報だったからか、駅の利用者が多いようで、足を止める人も多く、ここ数年で一番の売れ行き。
いやいや、きっと作品が良かったから売れたとしておこう!
予想金額をかなり上回ったのでホッとする。

あとは11月末の小さなバザーがあるのみで、今年度のバザーは終了。


11/15
仕事。
職場内の揉め事多し、うんざりする。
午前私のほうの追加の木工(クラフト)の干支の追加分の作業半日、午後からはバザーの片付け。


11/16
休み。
換気扇のフィルター掃除…のついでに、どうせだからと、換気扇全体のファンやらなにやら外せるところは全て外しての大掃除。
これで年末はフィルターのみの掃除だけですみそうだ(もう大掃除が全て終わった気分になってる)。
20071112141855.jpg11/12
いつものように車に乗ってから行き先決定。
本日は小樽の手前にある朝里川温泉へ。

お昼を何にしようかとumamiに問うと、スープカレーとの即答。
通る道を考えて、全くお店が浮かばなかったので、携帯からサイトアクセスして出てきた、手稲にあるCurryKitchinというお店へ。
なんでもネパール人がやってるお店だとか。
店内に入ると、ネパール人らしき愛想もなにもない女性と厨房に入ってるネパール人らしき男性二人。
普通のカレーとスープがある様子。
私はチキンのスープ(辛さ2番でライス)、umamiは普通のチキンカレー
(辛さ2番でナン)にする。
スープはコクがない感じだけどさっぱりしていたので食べやすいが、わざわざここで…ってほどでもない。
umamiの食べたチキンカレーはかなりしょっぱい、しかもナンが甘みが強いし焼きたてなのにサクサク感がない感じでがっかりな様子。
辛さが2番までは無料だったので(3番は辛いかもと思って)それにしたが、4番とかでも全然大丈夫な感じだ。
しかも食べてる途中でプワワ~ンと香水のような香りが漂ってきた。
見ると入り口のガラスの扉をガラス用のスプレーを使って拭きだしたのだ。
いやはや、きれいにするのはいいけど客がいなくなってからにしてくれよー!!
店員たちの会話がネパール語(か?)ばかりなので、どうにも苦情も言いにくい感じで香り漂う中退散。
全てにおいてがっかりの店。
多分このままじゃ閉店するぞ!


朝里川温泉 宏楽園
宏楽園の門をくぐって紅葉のすっかり終わった日本庭園をちょっと見て入湯。
本館、別館とあるが、別館(新しい)は宿泊客と昼食セットの入浴者のみの利用とのこと。
本館のお風呂は狭くて古い、カランが7つくらい、サウナなし、露天あり、循環、加温してる様子。
内風呂はそれほど感じなかったが露天はかなりしっかり塩素臭。
PH値が9.6というだけあって、入るとスベスベになってとてもいいお湯なだけにもったいない。




2007.11.12 お達者倶楽部
11/8
お休みを取って毎年恒例、「お達者倶楽部」(健康診断)。
今年はokkaさんが予定を取り違えたため一人欠席で、Mヤとumamiとの3人で受診。
今回の私は胃がん健診と腹部エコー(肝・胆・腎)のみ。
地方からの集団健診が随分入っていたようで、過去最高の混み具合。
今まで満杯で受けれないと言われた検診も、当日キャンセルなどでなんとか入れて、午前中までに全て終了できたのが、今回はMヤが受ける健診分(乳がんのみ)が午後に回された。
20071112111456.jpgお昼を挟んだので、近くで食事、ということでまたもやスープカレー。
福楼という店目指して行ったがどうやら1年近く前に閉店していたようで、別の店FAT BAMBOOという店に変わってました。
カフェ風の作りの店内にジャマイカ音楽流れる中でのカレー(ちょっと低音が歪んでたけど)。
全員チキンで、辛さはMヤと私は3番、umamiは2番で。
クセのない味で食べやすい。

Mヤの健診の間、umamiと車の中で時間を潰す。
後部シートで眠りの境地に入りつつあったumamiに子守唄を唄って起こしてあげた。

2007.11.05 観劇。。
20071107071026.jpg11/4
札幌で暮らす姪が劇団をやっていて、本日札幌で2度目の演劇がBLOCHにてあるというので先輩1103と観劇。
姪は脚本、演出なのでステージでは始まりと終わりの挨拶のみなんだけどね♪
前回よりわかりやすい、一般向け?するストーリー展開なんだけど、1回目の方が、内容的には奥が深い感じだったかなぁ。
それにしても約1時間の脚本を書くことも、それで人の心を惹きつけるものに仕上げるということは簡単なことではないよね。
それにしても若いっていいな~。
20071107071524.jpgBLOCHに行くにはちょっと早かったのでファクトリーに立ち寄ったら、毎年恒例の巨大ツリーが正時の鐘とともに色んな色にキラキラ点灯してました♪
ファクトリー中央にある巨大な煙突(サッポロビール園の名残の)にはサンタさんが登っていましたよ。

そのあと先輩と食事兼ちょっと飲み。
札幌駅前界隈の日曜の夜なので、たいていがしまってるか早いオーダーストップの店ばかり。
結局ステラまできてで。
窓側の席に案内されたので、駅前のビル街を眺めての食事。
来月になったら駅前通りに点灯するイルミネーションでこの席はきれいかも。
日々のことなどあれやこれや。
職場で会っててもおしゃべりは尽きない。

11/5
お休み。
家のまわりの畑関係の片付けなどを、しなきゃならないのにしないでいて、毎日グータラしてるのもいい加減にしないとな!!と、ちょっと頑張って家に入れる鉢などの土替えなど実施。
あとちょっとやり残しあるけど挫折。

20071105193710.jpg
お昼は玄米パンとフルーツ入りヨーグルトとミルクで。

夜、東京のどこそこの日本料理屋さんのレシピで鯖味噌煮を作ったらしょっぱく出来上がってしまい、ただいま喉渇き中。

20071104102135.jpg11/3
どこのお湯に浸かろうか…とumamiがお迎えに来てから検討し、三笠市の桂沢方面へ向かうことに決定。

まずは腹ごしらえで、岩見沢で何か・・・と市内を走ってて見つけたオープンしたてのスープカレーの店発見!
二人ともチキンで、辛さはumami3番(中辛)、私は4番(大辛?)で。
店内にいると足元からやけにひんやり。
お味はうーん、、、いま3つの感じ。
無言で食していると、店内にすんごーくイヤ~な匂いが漂いだした。
どんな匂いって、鍋の取っ手を火にかけた感じというか、プラスチックの焼ける匂い。
umamiは病院で食べてるみたいとの感。
それにしてもこの味で札幌進出は絶対無理。っていうか、岩見沢でも続くのかなぁ?


桂沢湖 湯の元温泉
いつも使ってる温泉本の中で、桂沢湖にあるいくつかの温泉の中で、唯一露天があるとなっていたのでここに行ってみる。
玄関には熊の剥製やエゾ鹿の剥製などが飾られてるという、北海道の古き温泉宿の風情。
脱衣場に行くとロッカーが見当たらないので、フロントに荷物を預けに行くと、調理場から出てきた方が「え?小林聡美?」という雰囲気の方で、先日見た映画(めがね)を思い出して
「まさかたそがれにきて、旅館を手伝ってる?」と思ってしまった。

お風呂はこじんまりとしたつくりで、透明なお湯、残念ながら塩素臭。
先に小さめの露天だが行ってみたumamiがいくらもしないうちに「私には無理」と戻ってきたので行ってみると、小さな虫がいっぱい!
なんだか刺されそうだし、お湯から上がると体に虫がくっついて点々模様がつきそうなので断念。
虫こそ露天にいたが(山の中だから仕方ないね)、お風呂はきれい、他の入浴客(女性側)は一人しかいなかったのでのんびりだ。

 桂沢温泉 桂沢観光ホテル

20071104102148.jpgなんだかいまいち満たされなかったので、どうせならと
もう1軒

玄関で靴を脱いでると、足元に飾ってあったアンモナイトが。
触らないでと書いてると思いきや…。
脱衣場にて有料ロッカーが中途半端な20円。
お風呂はなんとも殺伐とした雰囲気。
ここのお湯も硫黄水素含有泉とやらで透明、塩素臭あり。
源泉温度が低いので加温してる。
いつもの温泉本にはお風呂から桂沢湖の景色が云々となっていたが、桂沢湖側に窓は向いてるが曇りガラス、この窓が透明で湖が見えるとしたら駐車場から丸見えだろう。
誰もいないのをいいことに二人であちこち探索(っていっても特に広いわけでもないけど)。
内風呂がいくつかに分かれてて、真ん中には小さな丸いお風呂がポンととってつけたようにあって、底には以前は稼動してたであろう超音波かなんかが流れる板がある。
なにやら不気味というか、不自然なほど深く、大股開きで入らなければならない深さだ。
電気が流れてるかも、しかも大股開きという大きな不安を抱えるお風呂だったので?、umamiに「入ってみて!」と命令を下す(単なる大股開き風呂でした)。
全体にお掃除が行き届いてるとはいい難いお風呂。

20071104102207.jpg帰りにくるっと桂沢湖を車の中より眺める。
ずっと以前からなぜかいるゴジラ?は相変わらず白目と白い歯を見せて建ってました。

11/1
あっという間に11月。
初雪が見られるのももう近そうだ。

夜、日ハム×中日戦観戦。
9回であと一人アウトになると中日の優勝…、っていう時に電話が鳴った。
「僕、大学時代の時の○○という者ですが、覚えてますか?」
え~~~!!○○君?
まざまざと「あの頃」が蘇ってきた!
当時住んでたアパートの隣の隣の女の子の彼氏(のち二人は結婚)だった。
いや~、なつかしい~!
なんでも先日、大学の札幌支部の同窓会が発足したとのことで(私は不参加)、懐かしくて気になってたので電話してみたとのこと。
あれこれ懐かしい話を彼氏(ご主人)と彼女(奥様)と電話を代わったりして思い出話。
思い出してくれた事、あの頃の色んな話、、嬉しかった~!
しかし人の記憶も不確かで、同じ時間を共有していたにもかかわらず、随分記憶も別々のポイントで覚えているもんだ。
ポイントのいくつかの中で、わかったこと…

なぜか彼氏の実家(帯広)に私が泊まりに行った記憶があったが、ずっと「なぜそんな彼女のいる男の子の家に泊まりにいったのか?」という疑問が残りつつ現在に至ってたが、その時はその彼女も一緒だったからだったらしい。
しかもその時彼のお父さんも一緒に焼き鳥屋で飲んだらしい。

ある夏の暑い夜、アパート近くにあった小学校のプールに何人かで行って、フェンスを乗り越え泳ぎに行ったことがあったが、その時彼女も一緒だったらしい。
あの時、しんとしてる夜の黒いプールで私の隣室の友人がバタ足をして音を立ててみんなに叱られ、慌てて逃げ出したとき、あの時見た夜空は星がいっぱい輝いてたのを思い出した。

アパートで彼女にカレーをご馳走してあげるからと、当時には珍しい凝ったカレーを作ってあげたらしい(当時からそんなことしてたんだなと、変わらぬオノレにびっくり)。

などなど、どひゃー!っとなるような思い出話に花が咲きました♪

ほかに、ご主人の方の仕事の関係と私の仕事の関係で、私が研修に彼の職場に行っていた事、その職場の上司がうちの職場に何度か来てた事が判明。
さらに話を進めて、今、札幌のどの辺にすんでるの?という話をしていて、なんとカメムシ会のokkaさんの家の目と鼻の先状態で、娘はokkaさんの次女と中学まで同じ学校で同じクラスだったかも(okkaさんも記憶にあるとのこと)ということまで判明、これには驚いたよ。

電話を切ってからも、すっかり懐かしモードになって、布団に入ってから卒業名簿なんぞを開いてみたりしました。

今年は大学時代の話題が多い年だったなぁ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。