夢でござる 2008年05月
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
080530パソ 5/30
 いやはや、次男の異常なほどの改造に耐え切れず、またもパソコン壊れて、学校に行く前に、とりあえず動くようにして出て行ったが、見てのとおり、こんなパソコンでやっております。


先日行った浜益温泉でブヨに刺されて、ついに左腕の肘から指半分まで超巨大化して、ついに病院受診、飲み薬と塗り薬で何とか腫れと痛みは治まりましたが、まだ水泡が残ってます。


080513親子文庫1我が町の大きな通りの交差点にあるお店の一角に、こんな場所があります。
いつもこのガラスに、外に向けて、こうやって手作りの切り絵が貼られてて、時々この切り絵が変わります。
ガラス越しに覗いてみると、絵本のような本がいっぱい、工作の道具(はさみとかカラー用紙など)が机の上に置いてありました)。
趣味でやってるみたいで、近くにある小学校の生徒に学校の帰りにでも見せてあげるつもりなのかなぁ、なんかとっても上手かつほのぼのとした切り絵で、いつも気になってます。
今度、どんな人が、何の目的でやってるのか、お話伺いに行きたいなぁ。



さつづかの湯

今月末まで使える無料券があったので、虫刺されに効果ないかなぁ?と思いつつ、本日は さとづかの湯へ。
毎回ここには無料券が送られてきたら利用しています。
ちなみにまともにお金を払うと、1050円(タオル、湯浴みつき)です。

確か少し前(昨年の春だったか)に、泉質が2種になったり五右衛門風呂みたいのができたりと、リニューアルオープンしたはずだったが、またもリニューアルして、五右衛門風呂がなくなってて、代わりにヒノキ風呂となってました。

お湯はほとんど無色、甘みが随分ありましたが、塩素臭も若干します。
でも確かここは元々は薄褐色だったような…。

080529すずらん天気はよかったけど風が冷たくて、露天に行くドアを開けるとヒャーッ!っとなるほど。
相変わらず露天についてるテレビは光が反射しててまったく見えず、こんな時はテレビけせばいいのにと思いつつ、笑っていいともの声だけが流れてました。


ようやく我が家の庭のすずらんが咲いてます。
スポンサーサイト
2008.05.25 浜益温泉
浜益温泉 浜益村保養センター

080525浜益温泉2 080525浜益温泉 5/25
 本日はumamiが予め決めてきた場所「浜益温泉」に直行。
 二人とも始めての場所。
 山間の中にある日帰り温泉施設です。
 そばにはパークゴルフのコースもあります。
 
 内風呂のドアを開けると硫黄のような香りが漂う(含硫黄-カルシウム・ナトリウム-塩化物泉
だそうな)。
 無色透明(うっすら濁りあり)のさらさらとしたお湯。
 
 内風呂の中にこんこんと湧き出る湯口もありました。
 
露天のドアを開けると、露天風呂に入る前にコンクリートうちっぱなしの洗い場が…。
なんだかキャンプ場の炊事場のような雰囲気。

そこを横目に露天に入ると広いお風呂があります(わりとぬるめのお湯でちょうど良かった♪)
内風呂では硫黄のような香りがしましたが(匂いを嗅ぐとさほどしないんだけど)、ここの露天はなんだか海っぽい匂いな気がしました。

きっと夏場は海水客の利用が多くて混みそうなので、今しかないと決めたumamiの言うとおり、さほどの混みもなく、のんびりとお湯に浸かれる・・・・・・

のはずがっ!

露天にいると虫が私のそばによってくる…。
すぐに「悪い虫が寄ってくる」私なので、気をつけてましたが、やっぱり刺された~。
慌てて首まで露天に浸かってたけど、もう遅い・・・。
腕と背中に2箇所。
多分ブヨ・・・。 現在CDくらいの円形で腫れてます~

温泉を出たところ(敷地内)で野菜の直売があったので、笹竹とふき購入。


080525浜益海幸1 080525浜益海幸 080525浜益海幸3

昼食は折角なので浜益区の海沿いにあるところで海の幸を・・・
と、海の幸そのままの名前、「海幸」に決定。

ウニ丼やお寿司にグラグラ来たけど、結局二人とも「海幸ラーメン(塩味で)」に決定。
海の幸たっぷり、食べたら汗どっぷり、おなかぽっこり、ハートはにっこり♪
とても美味しかったけど、しばらく苦しい状況が続きました。







 

2008.05.25 サミット
昭和新山 5/23
職場の所外レクで、今回は北海道で今一番の話題の場所(かい?)、洞爺湖へ。
曇り空の中出発したけど、ついた頃にはいい天気になりました♪


080523三松記念館まずは昭和新山のふもとにある、三松正夫記念館
1年8ヶ月でただの農地と民家だった場所に1つの山が出来上がったという、その歴史などに触れる。







080523昭和新山噴火亭その後、わかさいも本舗の支店のレストラン、噴火亭にて食事。
「ここでもカレーかい!?」という先輩1103の声を聞きつつ、噴火湾で採れたほたての入った「ほたてカレー」(温泉卵、サラダつき)を食す。
お味は業務用カレー系だということを確認。




080523洞爺船そこから洞爺湖温泉街へ移動して、観光船に乗って湖の真ん中にある中島まで。
観光船の向こうにある山の上には洞爺湖サミットが行われるウィンザーホテルがあります(写真に写ってるけど、曇っててよく見えないね)。


080523洞爺エゾシカ中島に到着すると、エゾシカくんがお出迎え。
人馴れしてるからか、のっそりそばまでやってきて、えさをもらえないとわかると剥製みたいに、ずーっと同じポーズでした。

080523洞爺餌帰りの船に乗る前に、「えさ販売機」を発見!
よく見たら『100円玉を入れて3秒まって、力強くレバーを下まで下げて下さい』とある。
なかなか人格(?)をお持ちの機械のようだ。
絶対、これはお金が詰まったり、えさが出なかったりするんだろうねー、誰か100円入れて試してみて~! と言ってみたが、だれもお金を入れる勇気なし。


雨にも当たらず、暑からず寒からずの所外レクでした♪
080518手稲5/18
umamiが免許の更新に手稲まで行くというので、それに便乗。
今週は3回もumamiとお出かけして、
「恋人同士だってこんなに会わない!」の意見で一致。
朝8時半頃出発して、講習にギリギリ9時59分に更新手続きを済ませ、なんとか10時からの講習に滑り込んだ様子。

30分の待ち時間にブラブラとあちこち試験場見学。
二輪講習をやってたのでスラロームやらカーブやらをグルグル回ってるのを見て、面白かった~。

少し離れたところでスプリンクラーのような、火災訓練のような散水が時々あって、何してるのかなぁ?と行ってみたら、「夏期冬道講習」なる看板のところで放水しては無理やり作った斜めの道を急ブレーキを踏んだりしてました。
こんな講習があるのは北海道だけなのかな?


極楽湯 さっぽろ手稲店

080518極楽湯手稲本日は極楽湯 さっぽろ手稲店へ。
ここは全国チェーンのスーパー銭湯(JR系列)。
先日できた美しが丘店にはまだ未湯だが、美しが丘は入浴料金が700円、ここは銭湯料金の390円(さっぽろにもうひとつある弥生店も390円)。
違いはどこにあるのかな?銭湯で認可が下りなかったからかな?
今度美しが丘も試してみたい。

中はこざっぱりとしたスーパー銭湯そのもの。
内風呂は白湯、ジェットバス2種、電気風呂、サウナ、露天は檜風呂、岩風呂(温度が40度前後と42度の2種)、ほかに釜風呂(ミストサウナ風になってた)、座り湯などがあって、390円の割にはそこそこ楽しめる。
お湯はうっすらと黄褐色、強食塩泉となっていたが、ほとんどしょっぱさも感じず、少し塩素臭あり。
さほど期待もなかったが、まぁそんなもんかな、って感じかな。
でも洗い場の数もあるし、そこそこ空いてたのでまぁよしとするか。


スープカレー LEGON
080518LEGON3.jpg入浴後、西区にあるスープカレーLEGONにて昼食。
10分位、外で待ったかなぁ。
店はもともとはアジアン雑貨のお店だった様子。
そのせいなのか、バリのお面や雑貨なんかが飾られてます。

メニューは「オリジナルスープ」のほかに、「ココナツスープ」「なっとうスープ」があるらしい。
トッピングの数も結構多い様子。
あれこれ迷うことなく、二人ともパリパリチキンのスープカレーで、オリジナルスープ、辛さは4番の大辛(5番までが市販のカレールーの範囲内らしいです)で。

待ってる間に見つけたQRコードでソフトドリンクもゲット!
私はマンゴーエード、umamiはウーロン茶をオーダー、食前に届きます。

お味は…うーん、けっこうあちこちでとりあげられてるお店だったので、期待してましたが、二人の好みに合わず。
ちょっとしょっぱいぞー。
スープのコクが感じられないかなぁ。
パリパリチキンは揚げてから一口大にカットしてあります(が、女性の口にはモゴモゴになりそうで、ナイフでさらにカットしました)。
とんでもない味ではありませんが、いい評判ばかり聞いてたのでちょっとがっかりかな。


帰りに東苗穂のJUSCO立ち寄り。

2008.05.17 恵庭の湯
恵庭の湯

恵庭の湯35/17
umamiが恵庭にある温泉行こう!メールで慌てて庭いじりも途中で放り投げてお迎えの車に乗る。
恵庭の温泉というので、てっきりラフォーレかと思って話をしてたら恵庭の湯のことで、しばし話がかみ合わず。


ここは近くにありながらも1680円出してまで・・・と、灯台下暗し状態でいったことがなかった場所。
昨年1150円に値下がりしました。
先日新聞の折り込みに割り引き券がついてて630円とのことだったので、本日ここへとのことらしい。

080517恵庭の湯内風呂はモール泉と食塩泉の2種(他にジャグジーやサウナなどあり)、露天風呂は食塩泉のみで、敷地内の沼(?)や山並みなどが眺めれて(お湯に浸かったままでは見えないけれど)、景色はよろしい(まだ遅咲きの桜が手の届くところで咲いてました)。
内風呂には麦飯石を使った飲料水があります。

ここのモール泉は結構濃い!
10センチもお湯の中に手を沈めるとコーヒー色でかなり見えなくなるほど。
入った途端にお肌スベスベトロトロ感♪
食塩泉もやっぱりしょっぱくてサラサラの感じ(傷は沁みそー)。
やっぱり塩素の香りはどちらもしましたが、思いのほか良かったよ。

ここは近くの町内会や老人クラブのような団体が敷地内にある荒狗路というレストランでの食事とセットで利用することが多い場所なので、団体様ご一行が沢山入ってたらガッカリになりそうだけど、本日は空いてたのでのんびりと入れました。



080517かぼちゃソフト 080517かぼちゃの宝石

帰り道、道の駅の花ロードえにわに立ち寄り。
ここの町はかぼちゃが名産品で、折角なので私はかぼちゃのソフトクリーム、umamiはかぼちゃの宝石まんを購入。
ソフトクリームはうっすらクリーム色でさっぱりとしたお味。
かぼちゃの宝石まんは、黄色い皮にプチプチと細かいかぼちゃが練りこんであり、中は予想に反して(てっきりかぼちゃ餡の黄色かと想像してた)、つぶ餡でした。


帰宅後、夕ご飯の支度中に大変なことが発覚!!
家の中に大量のアリが・・・・

1匹2匹は許すとして、50匹位にもなるともうダメ
っていうか、家に巣を作られては大変!
必死に駆除して、そこらじゅう掃除、掃除、次男にもおやつ食べる場所も特定して、食べこぼしするな命令を下す。

2008.05.14
5/14
毎年、この時期にはumamiも休みを取って、えつご屋どんと花見に出かけるのだが、今年はなんせ早い開花ですっかり散ってしまってる様子なので、ぶらりと西区へ。

まずは最近誰も行ったという人がいないHOKUO(北欧館本店)に。
行ってみたが、博物館は入場料300円也。
わざわざでもないねと入り口で断念。
工場内の見学、といってもただパンを作ってるだけなので(工程もわかるし)、ちらっとガラス越しにみて終了(クロワッサンを1個ずつはかりで計量して形成するんだねぇ)。

080514マンボウ2
そのあと噂でそうとう安いというスーパーへ。
平日の昼だというのに混んでる、混んでる
一度中へ入ったら、次から次から人が後ろに繋がるので、立ち止まって買い物してたら後ろが渋滞になる(しかもUターンも出来ないくらい狭いし)。
活きのいい魚が安かったりしたけど、帰るまでに鮮度が落ちそうなので見学したのみ。
安いのでついついカゴに入れてしまいそうになるが、お菓子や野菜など少し買ったのみ。
金土日は売り出しとのこと、すごいことになるんだろうなぁ。



スープカレー 曼荼羅

080514曼荼羅野菜 080514曼陀羅オリジナルチキン4(大辛)


お昼は曼荼羅に初挑戦。
店内はシンプルなカフェのような、きれいな店内。
本日はえつご屋がオリジナルスープ(さっぱり)の野菜の2番(中辛、写真左)、umamiは薬膳スープのチキンの3番(辛口)、違いがわかるようにと、私はオリジナルスープのチキン4番(大辛、写真右)を注文。
ご飯は白米と玄米を選べるが、全員ライスは玄米で。

えつご屋のは辛さが少ない分、スープの味がよくわかるし、umamiのは私のより少し濃厚な感じ、私の大辛はピッキーヌが加わってるのでとがったような辛さ。
基本的には酸味があって
それぞれの味見をしたが、どれもとってもおいしい~!!
珍しくumamiが、「うん、これは◎(2重丸)だな」と申すので、
あなたの丸は何十丸が上限?と聞くと、2重丸さ、だって、携帯の丸は◎までしかないしょ」だって。
「◎◎とか増やせばいくつでもつけれるしょ」と言ったら、今さら「なるほど…」と納得してました。

しかしほんとお気に入りです、多分今年のベスト5入りだろうな。


そのあとは折角来たからと、以前購入した若鶏の半身揚げと鴨肉のスモークを求めて立ち寄り。
平日昼はさすがに空いてました(それでも常にジュージュー揚げてる様子)。

帰りにえつご屋宅でコーヒーをご馳走になりながら弛緩状態で近況などのおしゃべり。
2008.05.12 久しぶりに。
080512恵岳房5/12
久しぶりにえつご屋どんと電話で話し、いいだけ話してお昼からお出かけ。
お互いの近況や連休のことなどなどの話。

お昼過ぎに会ったので、急いで恵庭にあるラーメン屋、恵岳房(だったかな?)でちゃんぽん風ラーメンを食す。
海老、イカ、つぶ貝、ほたて、トビッコ、アスパラ、とうもろこしなどなどの海の幸、山の幸がたっぷり!
イカがかなり入ってて、食すとしばらくモグモグ状態で、麺が伸びてしまうので後回しに。
必然的に最後はイカばかりを食べることになってかなり厳しい状況になる(-_-;)

そのあと隣にあるユニクロチラ見、道の駅でパンなど購入、そしてようやく二人の目的の苗屋さん2箇所へ。
ナスタチウム、アリッサム、ペチュニア、きゅうり、ミニトマトの苗など購入。

ここのところかなり気温の低い日が続いていて、野菜の苗が植えられないでいる。
買ったままのポットに入って、玄関にあるので、レタスやしそをそこから収穫でなんだか楽チンだぞ~。
2008.05.10 空知探訪
080510きじ卵  5/10
 岩見沢の障がい者の施設で働く(っていうか所長さんやってる)学生時代の友人、S戸君の施設へ。
昨年7月にここを訪れ、きじ肉と卵を戴き、たいそう美味しかったので購入にumamiと出かける。
折角なので施設内にある、自分たちで建てたという「喜地丸燻」というレストラン(?)にて昼食。
前回はきじ肉のランチセットと塩ラーメンを食したので、今回は私が醤油、umamiがみそラーメンで。
できじ肉を使って焼いた壷焼きチャーシューときじの卵がトッピングされているのが特徴。
卵は外側(白身部分が)柔らかく、中がほどよいトロ黄身です。
なんといっても壷焼きチャーシュー、とっても美味しい~!

080510きじ肉二人の食べるテーブルのところにS戸君がやってきて、施設の話やらきじのこと、友人のことなどを話す。
ちなみに到着前に、「11時ころS戸君に会いに行きます」と送ったメールに、
「ハートマークなんてつけて送るなよー!削除、削除…」とプリプリしながら削除してました

外観やラーメンを撮影しようと思ってたのに、とんと忘れてしまったべさー(北海道弁で)。

そこで何よりびっくりしたのが、きじのことや施設のことなどが札幌のミニコミ誌の載ったとのことで、そのミニコミ誌を見せてもらっていたら、なんとその横の記事にカメムシメンバーのUちゃんち一家が載ってるではないか!
しかもメインがあのオリバー君が「盲導犬になるために生まれてきたラブラドールの物語」として!
これにはひっくりかえったよ(あとでUちゃんに聞いたら毎月載ってるらしい)。


しかし以前にも書いたが、本当にのどかな田園風景で、時がとまったようなゆったりとした気持ちにさせてくれる場所。
友人が元気にせいいっぱい頑張ってる姿を見ることが出来るのが、なにより嬉しい。
(アスパラもおいしかったよー!!)


080510美唄1 080510美唄4 そのあと、高校までの幼なじみの友人のご主人が、美唄にあるアルテピアッツァにて2回目(前回は昨年10月)の写真展を今日から開催するというのでそちらにも顔を出す。

ここは山奥の中に広がるすてきな場所でお気に入りの空間です。

080510美唄3駐車場から敷地の芝生に入って、遠くに友人夫妻が草むらに座ってるのを発見。
少し話して、写真展を見学。

写真のことはよくわからない私ですが、北海道らしい、素敵な風景がいっぱいです。
今回のテーマ、「風と 雲と 君と」がぴったりの作品。
ご主人の(奥さんのほうもかな)落ち着いた、冷静な感じ(と人物評価してるんだけど)が伝わってくる作品です。
umamiとこの木の写真とこの木の写真はイコールか?とか、同じ時期に撮ったのか?とか、相変わらず、夢も希望もないような稚拙な発想で見てしまってすまぬ、すまぬ。


夕方に来客ありとのumamiだったので、あとは桜の名所「東明公園」をチラ見。
たまたまよったら「美唄さくらまつり」をやってましたが、なんせ今年は1週間以上も早く桜が咲いたので、ほとんどない状態。
それでもあちこちの町内会の花見みたいな人たちが北海道名物ジンギスカンで花見の状況が広がっていました。

080506一軒茶屋3 080506一軒茶屋 080506一軒茶屋2 

5/6
連休最終日。
折角なのでどこかへ…と思っても、行きたい所は道も混んでて行く気になれず、どうしようか迷った挙句、花や野菜の苗を見て温泉予定で由仁方面へ。

由仁ガーデンのそばにある茶屋があるのは知っていたが、今回行ってみました。

古い農家の家を使った、とても素敵な、ゆったりと落ち着く空間。
のどかな景色を眺めてぼんやりとしていたくなるような、そんな場所です。
もう少ししたらきっとお庭のハーブも咲いて、もっともっと素敵だと思います。

さて、メニューですが、そば、うどん、カレー、おしるこ、ぜんざいなんかがあります。
やっぱりカレーをチョイス。
私は野菜カレー、umamiはシーフードで。他にビーフカレー(業務用と書いてました)もあり。
野菜は多分、地元のものを使ってると思うのですが、ナスがラップしてレンジでチンしたような味で、どうにも苦手、しかも椎茸の味も邪魔して、私には全くダメダメな味だったのだ
umamiもシーフードの味がカレーに全く馴染んでなかった様子…。
あちこちのブログで評判だっただけにがっかり。
まさか二人のお口レベルが肥えすぎてるとも思えないのですが…。
でも雰囲気はとてもいいので、ぜんざいやコーヒーなどでホッとするにはおすすめかも。


080506由仁ガーデン気をとり直してそばにある由仁ガーデンへ。
そばにある温泉には何度も行ってるのだが、ここはなぜか行く機会を逸している場所。
まだガーデンの草花もそれほどないだろうからと(入園料800円なので)、入り口にあるファーマーズマーケットのみ見学。
店内ブラブラ、野菜や花の苗の販売所見学。
いつもお花の卸のハウスなんかで苗を購入してる身としては、やっぱり値段が高い。
落花生の苗が売っててかなり迷ったけれど、買わずじまい。
サニーレタス3株100円のみ購入。



ユンニの湯

そのあと駐車場の車の台数見て混んでそうなユンニの湯を見てビビり、別のところにするか…と迷いつつ、結局どこも混んでるであろうからとユンニの湯に決定。

思ったより混んでなくて、洗い場もちゃんと確保できました。
が、しばらくぶりに入ったら、やけに塩素の匂いが強~い!
こんなに塩素の匂いしたっけ?連休で混むから塩素の量増やしてる?
ここも塩素で美白効果?
などと言いつつ入りました。
(ちなみに最近しょっちゅうここに来てる先輩1103の話だと、最近塩素の匂い強いよと言ってました)

出るころには結構混んできてましたよ。



ここまできたならと、道の駅マオイの丘公園の様子でもと立ち寄り。
農産物直売所は普段の土日もとても混んでて、連休だから余計に混んでるかと思ったけれど、普段の土日と変わりないくらいの混みよう。

フルーツトマトの苗が売ってたので購入。
(しかももうつぼみがついてる!)
販売していた農家の方に育て方を教えてもらう。

植えるときは深めの発泡スチロールの底を抜いて畑に置いて、そこに苗と土を入れ(高うねにする)、水も肥料も一切やらずに育ててくださいとのこと。
こうすると保温効果にもなり、甘くておいしいトマトになるとのことです。
北海道は気温が低くて、苗が育つまで袋をかけたりするけど、考えたら他の野菜も発泡スチロールなら便利かもね♪
マルチシートの代わりに地面に発泡スチロールのふたを置いて穴を開けて苗を植えたらどうだろう?と考案中(誰かやってみて~!)。


さらにいつもの苗の卸しの農家のハウスも立ち寄り。
やっぱり由仁ガーデンよりは安かったよ~。
バジル、ナンバン、タカノツメ、朝顔の苗など、各50円で購入。



 5/3

空いてそうな道を選び、日本海側を北上して厚田で花見→浜益まで行こうと出発するも、途中から次第に車が繋がってきて、急遽石狩新港でやってる朝市に変更。
特に珍しい魚もなかったのでブラブラ眺め、手のひらサイズの真ガレイ一盛りを200円で二人で山分け用に購入(帰ってから数えたら23枚ありました)。


小樽 CRAZY SPICE

080503CRAZY SPICE 080503CRAZY SPICEパリパリチキン7番ノーマル 080503CRAZY SPICEやわらかチキン6番マヤック 小樽でお寿司でもとも思ったが、美味しいけど観光地価格なので、こんな時はカレーで!(どんな時もカレーだけど)と、急遽携帯でカレー屋さん探し、色内にあるCRAZY SPICEに行ってみた。
 石蔵倉庫だった店内は天井が高くてかなり広く、殺伐とした感じ。
ここのお店はスープが2種類あり、パンチが効いたスパイシーなマヤックというのと、カルダモンの酸味のあるノーマルがあるとのこと。
今回はumamiがやわらかチキンの6番のマヤック(写真右)、私はパリパリチキンの7番ノーマル(写真左)、ライス少なめで。

確かにノーマルは酸味が強くさっぱりした味、マヤックはクローブの香りが強い。
でもなんだか特徴を出してるって感じもするわりになんか今ひとつ物足りないっていうか、普通っていうか…(スープの旨みかなぁ)。



080503田中酒造ついでに田中酒造にも立ち寄り。
店内をブラブラ見てまわり、絞りたてを味わえる「ふなくち酒」もありました(50本限定で既に20本売れたとの事)。

うーん、umamiにどう?と聞かれ、
「花あそび」より「草あそび」の方が好きとか「ふなくち酒はうん、なかなか独特」などと答えてると、車なので飲めないumamiが
「どこがどーなのさ!」と詰め寄られる。



080503小樽湯の花 小樽天然温泉 湯の花手宮殿 

さて温泉でもと、検討の結果、なかなか納得のいく温泉が見つからず、湯の花の共通回数券があったので、ここへ。

空いていたがかなりの塩素臭で、湯口から流れるお湯を舐めてみても、どうも塩素を舐めるようでビビる。
大小や配置こそ違ったりするけど、他の湯の花とさほど変わりはなし。


080503小樽観光客の一番多い通りを車で流してみたら、かなりの人通り。
さすがに連休、修学旅行生は一人も見えなかったが、ツアー客やドライブ客がいっぱいの様子でした。






 小樽 三桝 小町湯

080503小樽小町湯2 折角来たんだからと、小樽のっていうか、北海道で現存してる銭湯銭湯で一番古いらしい(明治末期とか)の小町湯(屋号は三枡)へ。

車に携帯忘れて撮影」できず!
超レトロだったよー!
下駄箱は木の札のロッカー式、靴を脱いで上がると昔ながらの高い位置の番台が男女の仕切りの中央にある。
建物もだが、オカマのドライヤーやら普通のドライヤー(1回20円を支払う)、体重計や椅子、マッサージ器などなど、全て超レトロ。
肘掛け付きの布張りの椅子があって、そばに15分50円との貼り紙があるので、ゲゲー、座るだけで50円?と思ってよく見たら、古い古いマッサージ器でした(コードが繋がってたのでようやく判った)。

常連客が多いらしく、誰それはもう来たとか、何をどこで買ってきたとか、番台のおばさんとの会話も弾んでる。
浴室に入ると中央に角を落とした形の長方形の浴槽。
浴槽はなかなか深めのつくりで、入ると腰より上の深さで、お年寄りには出入りが大変そう。
(でも慣れてるからちゃんと危なくもなく入ってました)
カランはお湯と水が別々の蛇口、シャワーはホースなしの壁から直結で、バーを上げ下げでお湯の開閉式、定番の小さめのケロリン桶。
さっぱりとした明るい造りの浴室内。

お湯は熱めの44度位かなぁ。常連客に叱られそうなので我慢して入浴。
上がってからわかったが、熱いときは番台のおばさんに申し入れるとポリタンクに入れてある温泉水で埋めてくれたらしい。
ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉とのこと、それにしてもここも塩素のにおいあり。
今日はどこまでいっても塩素の日、もしや美白効果が・・・?とちょっと自虐的になりつつ入浴。

それでもとても気さくそうなおばちゃんと、町の人たちの雰囲気、なんともタイムスリップしたようないい銭湯だな。



銭湯を出て程近い「新南樽市場」にも立ち寄り。
ここの市場は観光というより市民の台所って感じかなぁ。
夕方だったせいか、結構混んでました。
車にお財布忘れ、慌ててumamiに借金。
私は小さめのカジカを200円で購入(とも和え用にさばいて貰いました)。
他に店内に入ってる小樽の老舗食肉店「深沢商店」で美味しいかどうかな?と思いつつラックスシンケン(生ハム)とベーコン、ソーセージを購入。
種類もすごくいっぱいで、どれも美味しくて安い。
今度行ったら他の商品もかってみたいな。
なんせ財布がないので借金してる身の上、ワタクシ、荷物持ちと化す。
2008.05.02 コストコトコ
080502PIZZA 5/2
 本日より5連休♪
 
 てなわけで、お隣に住む義姉と会員制の卸売り店コストコにいってきた。
 入るには会員と2名同伴が許されているらしい。
 入店時にはまずカードの提示、そして買い物終了時には出口にてカート内  (袋には入れずカートごと車まで荷物を運ぶ)の購入したものとレシートの付け合せという厳重体制だ。

 噂どおり、とにかく一つの量が異常に多い。
 会社関係で使うとか業務用として購入するならまだしも、友達と分けるにしてもほどがある。
 巨大な洗剤だってポテトチップスだって、1g○○円って言われてもお得なのかがわからなくなる。
 しかも野菜とかならともかく、分けにくいし。
 例えばロールパンが36個とかお肉2キロとか。
 大型冷凍庫でもなきゃ保管できない量だし。
 
それでもどんなものがあるのか一通りチェック、チェック!

結局購入したのは、
 ベーグル2種(計12個 姉と半分こ)
 人参2キロ(8本 姉と半分こ)
 なす1キロ?(13本 姉と半分こ)
 細切りシュレットチーズ(明治の。3袋で1セット)
 シーフードピザ(43cm角 冷蔵庫にも冷凍庫にもこのままじゃ入らず)
 火災報知機(3個セット6200円くらい)

ケーキサイズもお肉や野菜の量も半端じゃなく多くて、カメムシ集会にはちょうどいいのになぁと思いつつ眺めてました。


※先日、岩見沢の障碍者施設(キジ飼ってるよ~)の施設長をやってるS戸君より、施設の営業メール。
umamiといきたいねーといってたところだったので、今月中にぜひぜひキジの卵など購入兼ねて伺う予定。
去年は突然行ったり、いっぱいおみやげ戴いたりしたので、今度はお客で伺います♪
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。