夢でござる 2008年06月
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 6/26

家族会が主催の行事に職場のメンバーも招待を受け、由仁まで。
パークゴルフと食事と温泉のパックとのこと。

10時頃到着、スタートしたが、その時点でプレーしてる人が150人ほど、随分混んでました。
初心者も中にいるとのことで、簡単コース、約2時間ほどかかりました(指導員は引率で」)。
それでもさほど気温も高くなく、カンカン照りでもなかったので、まだ楽だったかな。

その後温泉のある施設に移動。
お部屋貸切で松華堂弁当を頂きお風呂。

ユンニの湯

いつも異常に素早くお風呂に入るメンバーの女性と一緒に入ったので、私も好き勝手に入るわけにもいかず、体も洗わずの入浴でした(一応仕事ですから・・・(;^_^A )。
パークゴルフとセットの(我々と同じような)パックなのか、お風呂もかなり混んでましたが、出る頃には随分空いてきてました。
混んでたせいなのか、最近そうなったのかわからないけど、以前よりお湯が薄まってたような気がしたけど、それでもここのお湯は濃いコーヒー色とトロリとしたお湯です。

食事には温泉の割引券(2ヶ月間有効の)は一人ずつついてたので、いらないよっていうメンバーから戴いてきたので、お休みだった先輩1103へのお土産にする。

その後お部屋でメンバー達とくつろいで世間話など。



080628タニウツギタニウツギもようやく花をつけだしました。
まだ真っ白だけどこれから次第にピンクに色づいていくはず。
色が白から赤へ変わっていくのはもしかしてハコネウツギというやつ?あるいはニシキウツギというやつ?
今年はちょっと観察してみようっと。


スポンサーサイト
2008.06.18 はずれの日
080618アジャンタ千歳26/18
umamiと相変わらず未定のまま、千歳方面へ。
お昼どこかでと思うのだが、行ってみたいところはことごとく定休日。
1時間以上もウロウロしてもどこも決まらず、もうカレーでいいよとLAVI千歳へ…と思ったらここも定休。
まさか恐怖のカレー屋に行くわけにもいかず、結局アジャンタ千歳で妥協する。

 080618アジャンタ千歳ここは以前、一度来たことがあるのだが、過去最高のしょっぱいスープカレーを体験した店だったので、かなり敬遠してたお店。
中に入るとカウンターに数席、椅子席が3つほど、そして小上がりがある。
多分、以前はラーメン屋だったのかな?という作りです。

アジャンタのカレーのかしみーるの味が苦手なので、普通にチキン、と思ったらレッグ2本となっている。
2本はきついので今回は二人ともチキン(1本)と野菜ってのにしました。
なんだかわからないけど、カレーを食べながら、ラーメンのスープを戴いてる気分に。
塩分は普通でした(ホッ)。
味は普通かなぁ、っていうか、わざわざでもないかなぁという感じでした。
これで1200円は高いかも。


支笏湖 丸駒温泉

080618丸駒6 080618丸駒4温泉半額券を使って、本日は支笏湖にある丸駒温泉へ。

ここは内風呂から湖を望める展望露天風呂(とっても眺望がいいよ!)と、一旦脱衣場を通って長い渡り廊下を通って湖の水で温度調整されてる露天岩風呂があります。
泊り客なら浴衣もあろうけど、それもない二人はオールヌードのまま渡り廊下を歩いて天然露天風呂へ。
露天入り口にある脱衣場には「日本秘湯を守る会」の目印の提灯が下がっております。

080618丸駒5ここのお風呂は、湖の水位で高さが変わり、本日は80cmとのこと。
→この写真の奥は湖で、お湯が調整されてます。
以前145cmだったときには立って入ったけれど、今回は程よい水位。

誰もいないのでのんびりなんだけど、湖でお湯が割られるからか、泉質がいいというほどでもない。

080618丸駒1地面(砂利になってます)からあちこち時々、ポコポコとお湯が沸いてくるのが見えるので、カメラを構えてるとumamiの足まで写ってしまった…。

誰もいないので、お湯の中を二人ウロウロ…。

080618丸駒2湖で遊ぶボートや水上スキーなんんかから見えないようにか、岩が高く積まれてるので、お風呂に入りながらの景色はあまりないが、途切れた場所からは湖や恵庭岳が望めます。

内風呂から続く展望露天風呂(人が数名いたので撮影できず)はきれいな檜のお風呂(っていっても曇りだったけど)、そばにはピンクのかわいいヤマボウシが咲いてます(多分ハナミズキじゃないと思う)。
お湯はささ濁りのような黄褐色。飲料ようの湯口もあって、飲んでみると少し甘めの鉄分臭あり。
半身浴ができる段差がなかったので、正座して湯船のヘリに腕をついて、危うくうたた寝しそうになりました。
2008.06.15 おまいり。
大学時代の友人の一周忌のため、Mヤに乗せてもらって岩見沢まで。
岩見沢では別の友人S戸君が待っている。

ガソリン代を節約して思い切りアクセルを踏まない、飛ばさないというMヤのカーナビの指示に従って行くとなかなか着かない。
結局四角く回ったりの徘徊状態ですんごい田んぼの真ん中走ったりしてS戸君と合流。

小さい写真になったTの仏壇に手を合わせ、今年も来たよと報告。
みんなが集まる中に彼がいないというのはなんとも欠けた感じになる。
居間で奥さんも交え小一時間ほど仕事のことや近況などおしゃべり。
奥さんは高齢者の介護関係の看護師をしている方で、なかなかハードで大変な職場環境のようだが、天職と思って仕事に臨んでる様子が伝わってくるしっかりしたすてきな方です。

帰り際に、この1年間、先に逝ってしまったお仕置きで、仏壇にはお酒は上げませんでしたよ、そろそろあげようかなって笑ったのが印象的でした。


S戸君から手土産にと頂いたのはミルトコッペのクルミ入り食パン!
わ~!!とMヤと二人で歓声!
ここのパンはすべて手作りで、自作の石釜で薪を使って焼いてます。
素朴でとても美味しくて、超超山の中でやってるお店なのに、遠路はるばる来る方が多くていつもあっという間に売り切れで、何度か行ったけど完売で買えなかったりです。
私はここの素朴なパンが好きで、宅配したこともあります。
聞くとご主人と音楽仲間で親しいとのこと、いや~、嬉しい~。
帰ってから頂きましたが、やっぱりとても美味しかったよー。

それにしてもS戸君、元気だなぁ。


今回の大地震の一番の被災地の市に住んでるTさん、被害はなかったのかなぁ。
身を案じてます。
080614むすびや 080614おにぎりや 080614夕張水

6/14
umamiより朝8時30分発しか知らされず、車に乗って片道210キロほどの帯広行きと言い渡されて出発。

朝ごはんの食べてない私は夕張のはずれにあるおむすび屋さん(8時から営業中)を発見。
塩ウニってのがあったので購入、それとせっかくなので夕張で出してるお水。
ちょっとしょっぱかったけど、にぎりたてほかほかでおいしい。

080614日勝峠1 行きは日勝峠経由。
 頂上付近はこのとおり雲の中。
 なんの予備知識もなく出発だったので、お昼の予定の豚丼をどこで食べるか、
  お風呂はどこで入るかなどをチェックするも、なかなか納得のいくサイトがヒットせず、
 結局行ってから考えるという結論に。
 かつて十勝に住んでたので、帯広には思いでも多々あり、
 そんな話をしながらのドライブ。

 帯広というか、十勝に入ると道が同じ2車線でも広く感じる。
きっと広大な平野と、どこまで行ってもはるか彼方までの直線道路のせいだろう。
子供の頃にはそれが当たり前の風景だったのでなにも感じなかったが、こうしてみると本当に広い。
umamiがやたらに感心してました。


080614ぶた八1080614ぶた八2帯広名物の豚丼は、子供の頃から「ぱんちょう」は何度も食べてるし、以前ネットでたしか名前にひらがなと漢字(田)がついた店で評判のところがあったんだけど・・・思い出せない・・・。
カーナビで検索…出てきたお店が「ぶた八」。
田じゃなくて八だったか・・・、なんか違うような気もしたが、ともかく時間も無いのでここに決定。
入ってあ~、ここはひもを引っ張ると1分ほどで温まる駅弁(豚丼)の店だったから名前に記憶があったのか!

お店の方が普通の女性は三朗を頼む方が多いですというので、普通の女性を装って三朗に。
三朗は豚肉が6枚。一朗から順にお肉の数が減っていくのだろう。
炭火焼きでとなってたけれど、ほとんど炭火の感じはしない、タレが焦げてる味強しで、ちょっと
好みもあるでしょうが、わざわざでもないかなぁって感じ。
結局私が行きたかったお店は「とん田」でした。
素直に豚丼の元祖、ぱんちょうに行けばよかった・・・。


080615クランベリーポテト080615クランベリーチョコお腹を満たし、次に行くのは帯広といえばスウィーツのメッカ。
六花亭本店、柳月本店などは札幌でも買えるけど、せっかくなのでクランベリー本店に。
10年ほど前まではアンデルセンという名前だったがいまはこの名前、昔からスウィートポテトで有名です。
ここのお店は帯広以外に支店がなくて、デパートなどでの物産展でしか買えません。
g売りで、ポテト1本一番小さめで800円台。
あと中にクランベリーの生の身がホワイトチョコでコーティングされたものも購入。


帯広市内にいたのでついでに地元で昔から親しまれてるパンのマスヤにも立ち寄り。
今ではこだわりのお店がいっぱいだけど、ここは昭和28年創業、当時の手作りパンとしては群を抜いて美味しかった記憶のパン屋さん。
何種類かのパン購入。珍しい長いものベビーパンというのがありました(帰ってから食べたらしっとりふんわりでおいしかったよ♪)。

強調文



十勝川温泉 第一ホテル 豊州亭

080614豊州亭2 080614豊州亭3どこがいいお湯か全くわからず、十勝川温泉街の入り口にある第一ホテル 豊州亭に決定。
まだ宿泊客も来てない時間で、ポツンポツンの入浴客。
内風呂に入ると、大きなガラス張りの外には日本庭園風の景色、ゆったりした作りだ。
その庭園のすみっこに4~5名ほどが入れる露天風呂。

080614豊州亭1階段を上って2階に行くとジャグジーやハーブのミストサウナ、高温サウナなどあり、その奥には展望露天風呂がありました。
広大な十勝平野が望めます。

十勝川温泉といえば美人の湯で有名なモール温泉。
太古の昔からこの地を覆っていた巨木や茸などが長い年月をかけて発酵し、湧き出したものらしいです。
でも子供の頃に入った十勝川温泉はもっととろりとしたモール泉だったような…。
それでもほどよいぬるさの温度での露天で、上がってからも汗がどどーっと。


080614_16日勝峠2 さて帰らねば…の時間となって、今度は高速道路も使ってみましょと思ったが、高速入り口がなかなかわかりにくくて、音更から乗る予定が芽室まで行ってしまい、そこから高速。
umamiのナビ君は数年前のものだが、新しい道がついていなくて道なき道を走ってます。


400キロ以上も走ったumami、お疲れ様でした~。
いつもいつもお世話になります
6/13
天気が不安定で、晴れたり雨降ったりの1日。
北海道向けの雑誌「HO」についてる半額無料券があったので、それを使って午後から本日は竹山高原温泉へ。

今日は雨なので、パークゴルフ客がいないせいか、いつもより空いてたかも。
駐車場でバッタリ出くわした次男の同級生のお母さんと露天で二人だけだったので少しおしゃべり。
普段挨拶程度のおつきあいのお母さんなのだが、彼女はスクールカウンセラーをやってたり、私立高校の女子寮の相談業務のようなこともしており、お互い全く関わりがないわけではない仕事なので、様子などを伺う。

ここの露天のまわりは野山なので、鳥たちのさえずりを聞きながらのお風呂、これで天気がいいなら最高なんだけどな~。



080611たたみ それにしてもこの新聞の折込にあったチラシ。
どう考えてもこの電話の語呂合わせには無理があると思う。
「たたみ さわやか」をたとえ覚えても電話番号には繋がらないのでは?
2008.06.07 ビートル
本日の職場はバザーに参加だったが、私はお休み♪
お昼近くになってからumamiとバザーの様子うかがいに。

080607ビートル4 080607ビートル3

お昼には恵庭市内にあるカレー工房ビートル。
ここは以前別の場所にありましたがその時に一度食べたことはありましたが、味に記憶なし。
春に移転して、住宅街の中にあるきれいなカレー屋さんでした。

玄関のドアわきには陶器の金魚が後ろ向きに泳いでいたよ。


080607ビートル1
中に入ると「あ~、きっとお店の名前はここからきてるのね」と思わせるビートルズの曲が次々と流れてました。

今回は二人ともチキンカレーで。
辛さはumamiが辛口、私はさらにより辛口(だったかなぁ?)を注文(更に上は激辛だったはず)。
チキンは骨なし、柔らかめ、人参、じゃがいも、ピーマン、大根。
ちょっとしょっぱめとコクが足りない感じで今ひとつでしたが、さらりとしてくせのない、シンプルで食べやすい味。
他にフカヒレ入りのエビワンタンスープカレーなんてのもありました。



080607検問そのあと千歳空港にでもいってみよう!ということになり36号線を走り、空港に近くなるにつれて、お巡りさんの姿が目立ってきた。
新聞にも載ったりしてたが、7月の洞爺湖サミットに向けての警備だ。
検問に引っかかったらどうするか?
いつボディチェック受けてもいいように今から脱いでるか?などと車内でアホな会話をしてました。

が、もうすぐ空港というところでなんと我々も検問に引っかかったではないか!!
窓を開けたら「車の外側から見せてください」
うーん、残念、脱がなくていいのか…(爆)
しかし検問中のお巡りさんに向けて写真撮るのはかなりびびったぞ!

駐車場入り口に着いて、さきほどの検問で舞い上がったumamiは前の外車の真似をして車を左に寄せてカードを取ろうとして、仕方がないので私がカードを外車風に引き抜く。

空港内はやはりかなりの数の警察官が警備してました(空港は栃木県警が警護のようです)。
せっかくなので警備で立ってるお巡りさんと記念撮影でも…。
どちらが撮影者になり、どちらがお巡りさんとのツーショットになるのかで意見まとまらず断念。

umamiが最近テレビでよく取り上げられてる田中義剛の花畑牧場ショップの「生キャラメル」を買ってみたいというので(そのために空港行きだったらしい)、行ってみるとショップの前には黄色いテープが張り巡らされてて商品の前には行けなくなってる。

080607花畑牧場1 事の次第を飲み込めないまま、「買いたいんですけど、どうやって入るの?」と店員に聞いたら、
『あちらのほうへお並びください』とはるか向こうを指差すではないか!

あ!!
こんなことになってたとは!!

080607花畑牧場2 とてもじゃないけどそこまでして・・・
と諦めて、空港見学に。

ちなみに最近の北海道土産の人気はカニやアスパラ、魚などは別として、生キャラメル、フロマージュ系ケーキ、ジャガポックルなどかなぁ。
一時期問題のあった白い恋人は再開してしばらくは売り切れ状態だったけど、今は山積みされてました。
2008.06.05 お参りランチ
6/5
午前中、仕事。
急いで帰宅して、毎年恒例のカメムシメンバー計4名でのお墓参り。

080605珈琲考房まずは腹ペコのみんなだったので、行く途中にある山の中のレストランというか、コーヒーとケーキが中心の珈琲考房にてランチ。

平日のお昼は主婦のランチコースのようで、おばさま達が多い(自分達もだって~!!)。
2名はカレー、2名は貫田シェフから伝授されたというオムレツのプレート。

そして食後はそれぞれの味でコーヒー(さわぁ、そふと、にがみというブレンドコーヒー)と1名はりんごジュース、数あるケーキの中からこれまた色々チョイス(レアチーズ、洋梨のタルト、ミルフィーユ、くるみのタルト)。
どれも美味しかったよー。

080605長谷そしてお墓参り。
おしゃべりしながらお花を飾って、ちょっと草取りをしてカメムシ近況などお参りして。

これはオオミミナグサかなぁ? →→


帰り道、アイスの店のわきにある野菜の直売のところに立ち寄り。

わずかな時間とはいえ、楽しかっただよ。
次回は来月カメムシお泊り会で会えるかな♪


夜、宇宙ステーションのことを思い出し外へ出てみる。
90分くらいで地球を1周らしいから、そうそうすぐには見れないだろうと思いつつぼーっと2分ほど空を眺めてたら、頭上に遅い流星みたいに流れてくものが!!
お~!あれか~!!はるか彼方にいるものが星みたいに見えるなんて、すごいなー!!

ちなみに各地の観測時間など、ここで調べたらわかるんだね。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。