夢でござる 2009年03月
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
090328侍1 3/28
 「先週カレー食べてないから!」と張り切るumamiと、またもカレー。
 
 本日の温泉先も決まらないまま、umami初挑戦のカレー店、路地裏カレー侍へ。

11時半オープンで、ジャスト到着だったので速やかに入店できた(既に3~4組ほど外で待ってたけど)。
以前来た時はどれを食べたか記憶なし。


090328侍2シンプルにパリパリチキンの辛さ4番(5番から料金UP)、スープはマイルド(プラス100円)、ライスはS(120g、30円引き)で。
umamiはスープだけ変えてレギュラーで。

レギュラーは豚骨、鰹だしなどがベースでトマトや炒め玉ねぎを加えたもの。
マイルドはレギュラーベースに豆乳や鰹だしなどが加わっているとのこと。
具財は人参、ブロッコリー、大根、水菜、キャベツ、あと何かあったかなぁ?
チキンはかなりダイエットした鶏肉が、かなりパリパリと揚げてある。

マイルドは当然でしょうが、豆乳の味が強くて甘め。
どちらも濃厚こってり系だが、レギュラーの方が幾らかサラリとしている。
以前食べたときの方が美味しいと感じた。
この店は好みの分かれるところかもしれないな(若者向け?)。
私には辛さは5番でもよかったかなぁ。


なんぽろ温泉 ハート&ハート

090328南幌温泉 車中にて、金柑の話になって、昨年の今頃、南幌温泉の売店でとっても安くて美味しい金柑を買ったよね、ウン、ウン、もしかしたらあるかもしれないよー!ってことで、急遽ここに南幌温泉へ。

ここの温泉は、最初の温泉(日帰りのみ)に増設されて二つのお風呂を、服を着替えて行ったり来たり
だったのが、渡り廊下(夜にはライトアップされて七色の回廊になる)ができて、往来しやすくなった。
その名残でか(宿泊者のためもあろう)、脱衣場が2箇所にある。

なんだかここのお湯も以前より悪くなってるような・・・。
随分塩素の匂いも強かったなぁ。

以前より着替えなくていいから往来が楽になったとはいえ、あの渡り廊下をこの季節、スッポンポンのタオル1枚で九の一のように駆け抜けるのは、かなりきびしー( >_<)/≡((卍

スポンサーサイト
090324花束 9年7ヶ月勤めた仕事も今月末で終了。
 
 
 と、思っていたら、なんと次の人が決まらず、先輩1103と2ヶ月ほど延長に!!

個人情報などの含まれる書類などは全てシュレッターにかけてしまって、机の中やらの個人の物は持ち帰ってしまって、花束やら記念品、メッセージカードなども戴いてしまって!

なんとも良かったような、申し訳ないような気持ちになりつつ、閉所になるよりはいいので仕方ないかな。
気持ちの中では終わりの気分で、新しい方に引き継ぎの為の2ヶ月と思って4月からの勤務です。
3/22
先輩1103と所用のため平岡方面へおでかけ。

用事もすませ、お昼はその近くにある揚げたての天ぷらを気軽に食べれるお店へ。

二人とも天ぷら6品のてんてん定食(800円)で。
ここは目の前で揚げてる天ぷらを半分(3品)ずつに分けてでてきます。
今日は海老、鮭、ピーマン、キス、さつまいも、茄子の6品。
テーブルの上には自家製のキムチと塩辛、漬物、大根おろしがそれぞれどんぶりに入って置いてあって、自由にいっぱい食べれます。
ご飯もおかわり自由、残したらお持ち帰りにもしてくれるみたいです。
揚げたて熱々をサクサクで、久しぶりに食べたけど、とっても美味しい♪
天ぷらは秒を急いで食べなければ…というので(誰がっ!?)、すっかり写真撮影忘れてます


北のたまゆら 江別店

090322たまゆら江別 そのあとサクッとお風呂しましょ、ということで、北のたまゆら 江別店へ。
ここは以前にも来て、ちょこっと書いてるのでお風呂の様子は書きませんが、駐車場の車の割にはかなり空いてました。
ちなみに、タオルも着替えも髪を留めるピンもブラシも全部持参してるのにお風呂グッズ(シャンプーやら洗顔やら)をすっぽり持参せず。
まぁタオル忘れたumamiに比べりゃどーってことないけど(暴露)。

もうすぐ仕事終わる二人なので、あれやこれや。



090320日高1日高⇔札幌の国道は北海道らしさが詰まったような風景なのかもしれない。
太平洋を眺めながらの海岸線、さびれた小さな漁港。サラブレットの馬がのんびりと牧草をついばんでる姿、遠くに見える雪の被った稜線が連なる日高山脈、渋滞のない広い道路・・・。
やっぱりいいな、北海道って思う。



静内温泉
090320静内温泉3
折角だからと帰り道にもう1軒、静内温泉にも立ち寄り。
国道235号線から少し山間に入ったところにある温泉。
一緒に老人福祉センターとなっていた。
ここは北海道では古い方の、約200年前の開湯とのこと。

浴室は内風呂のみ。
茶褐色の天然温泉(ナトリウム炭酸水素塩泉)。
内湯は高温(43~44℃)と41℃ほどの湯。
あとはジャグジー、サウナあり。
壁にはタイルで描かれた日高山脈の風景あり。
なぜかそのタイルの中にシャワーのフックが数個設置されてて、そんなところでシャワー使ったら、まわりの人が水しぶき状態になりそうな高い場所にあった。
真ん中に、やたらでかい日高石(か?)の岩山がででーんと積まれている(登るなの立て札つき)。
特筆すべきこともない、温泉ではあるが、さほどお湯のいいという温泉の少ない日高方面の中では一番いいかもしれない。
これで露天でもあればもっといいのに…と、umamiとどの場所にどう露天を作ったら外の景色も楽しめて…などと、二人で静内温泉リニューアル化計画を話すも、結局設備もなにも整ったら混んでてダメになるという結論で落ち着く。


新冠にある道の駅にも立ち寄り。
併設する花屋さんにて、小さなピンクのブーゲンビリア(斑入り)と、真っ赤なボケの木が激安で売っていたので購入。




3/20
umamiと函館1泊旅行を企てたが、いつも突然なのでJR切符取れず断念。

090320三石温泉1てなわけで、日帰り遠出に選んだ場所は日高三石方面。

無料高速道路にも乗って3時間弱。






三石昆布温泉 蔵三

090320三石温泉5着いた所は三石昆布温泉 蔵三

まずは温泉内にあるレストラン「旅篭」にて昼食。
私は海鮮丼(1380円)。海老、ホタテ、マグロ、ホッキ貝、ツブ貝、カレイ、はまち、いくら、鮭など、10種類位のとっても活きのいいお刺身がたっぷりのってて、とっても美味しかった~!

090320三石タコツブ石焼umamiは石焼きつぶたこビビンバ(980円)。
生のツブやタコ、鱈?がのかって、中に隠しバター。
添えられたお醤油だれをかけるとジュジュ~っといい音♪
それを混ぜ混ぜ。余計な味付けもないのでこれも美味しかったよ。
ウェイトレス?のおばちゃんが「最後にこちらのだし汁をかけて食べてくださいね!」と、何度も言われ、シイナマコト的に言えば、『どーだ、どーだ!かけたらどーだ、どーなんだ!」的にしつこく感想まで聞かれるumamiであった…。


090320三石温泉.6jpg 090320三石温泉4

お風呂は昆布は浮かんでなかったけれど、無味無臭無色透明との泉質となってましたが、内湯、露天ともに笹濁りというか、薄緑っぽいような…。
まさか昆布だし入ってる??
お湯自体は、ナトリウム-塩化物炭酸水素泉とのこと。
内湯にあるジャグジー風呂やアロマ風呂は加水、塩素、循環。

なによりここの特徴は、磯舟の形をした露天風呂。
男湯、女湯で半分に分かれたような格好になってます。
砂浜に打ち付ける波の音を聞きながらの露天風呂はとっても心地よい。
春の強い風が吹いていたけど、半身浴してるうちに、その冷たい風も心地よくなってきました。
湯船に浸かりながらは目隠しの柵があってよく見えませんが、そのすぐ先には太平洋が太陽の光を浴びてきらきらと光ってました。
多分、夜には満天の星空、朝にはお湯に浸かりながら海から昇る朝日が見られることと思います。
お湯こそさほど良さは感じなかったが、この景色と食事、宿泊してみたくなった~!


090320三石売店2 090320三石売店1

ゆっくりとお湯に浸かり、さっぱりしたところで、温泉の隣にある特産品販売センターに立ち寄り。
さすが日高昆布の産地、っていうか、日高昆布というのはもともとは「三石昆布」というのが正式名称だったはず。
昆布の種類も日高昆布には等級があるほどなので、値段もピンからキリまでさまざま。
珍味の種類もいっぱい売ってました。


※ そういえばかつてここの敷地内にあるオートキャンプ場でキャンプをしたことがあった。
  たまたまその日が「ツブ貝祭り」とかの日だったらしく、なんだかわけもわからないままツブ貝をいっぱいタダで貰えたことを思い出した。
 今もそんなお祭りやるのかなぁ?そしてタダでもらえるのかなぁ??






2009.03.14 ぶらぶらと。
3/14

RAMAI千歳店が昨年12月にオープンしたらしいので行ってみる。

090314RAMAI千歳チキン7番  090314RAMAI千歳海老6番

私はチキン、辛さ7番、ライス(ターメリックライスです)はSで。
umamiは珍しく、ウダンという、海老天のメニューをオーダー、辛さ6番、Sサイズのライスで。
メニュー的には本店と変わりなしか。

具財は、南瓜、ナス、ピーマン、レンコン、アスパラ、キャベツ、人参、卵かな。
海老天は天婦羅用の盛かごみたいなのに2本のっかって別々に運ばれてくる。

ちょっとがっかりでした。
レンコンは生じゃないものを揚げてるみたいでサクサク感なし、多分アスパラも冷凍もの。
キャベツの味が強くてスープの味を邪魔してる感じがした。
チキンもあんまり美味しいとは言えない鶏肉。
そして我々にはしょっぱい。
記憶では本店はこんなに美味しくないって感じはなかったような。
たまたまだったのかもしれないが、せめて地場の野菜が流通するころにはもう少し選んだ食材にしてほしいな。

千歳方面にある有名店アジャンタ、LAVIと比べたらまたいってもいいかなというところは、LAVIかねーと、二人の見解。
あ、あの店は抜かしてだけど。


090314空港3 千歳まできたので久しぶりに空港見学。
 ここは北海道の観光流行り物がよくわかって面白い。
 やっぱり一番人気は生キャラメル。花畑牧場ので大ヒット中(いまだに並んで買えるのを待ってた)だが、
 その他のメーカーの生キャラメルも沢山!
 他には北海道限定のじゃがポックルもちょっと下火ながらも「お一人様5個まで」の貼り紙、入荷するとすぐに売り切れてるようだ。
 あとはフロマージュ系のケーキやスフレかな。
 白い恋人は売り切れにもならず、普通に買えてる様子。

090314空港の車 空港に向かう車の中でumamiが「実は私、飛行機好きかも…」という告白をした、飛行機のよく見えるところ(展望デッキは冬期間閉鎖)でかなり暫く見学。
それにしてもあの飛行機を誘導っていうか、押し出す車(写真)、凄いなぁ、と、二人で惚れ惚れ(なんせトレーラー好きの私とユンボ好きなumamiだからねぇ)。

空港は離発着に遅れが出ているとのアナウンスのとおり、滑走路で随分待機の飛行機が、ところてんのように次から次へと押し出されるかのように飛んでいってました。


 恵庭温泉 ラフォーレ 

古い施設のころから通ってるが、建物も随分前にリニューアルして、温泉として600円(シャンプーなどの設備もあり)だったが、今は銭湯銭湯形式(シャンプーなどなし)の380円。
久しぶりに来たが、随分泉質が悪くなったなぁ。
露天のお湯も茶色い色こそ残っているけど、随分薄くなったような。
トロリ感もかなりなくなっていて、残念。
380円なので文句はいえないのかな。
 
 洗濯機が駄々をこねる・・・(-_-;)
2009.03.07 久しぶりに。
090307ガラムマサオ1 3/7
 暫くぶりにumamiと温泉とカレーのドライブ。
 本日はカレー激戦区でもなかなか評判のよろしい、ガラムマサオにて。
 二人とも初挑戦。





090307ガラムマサオ2 090307ガラムマサオアジア 090307ガラムマサオ大地

二人ともパリパリチキンベジタブル。
umamiが新大地の恵み(赤)というので、味比べで私は新アジアの香り(イエロー)で。
どちらも辛さは2.5。それ以上の辛さは追加料金になります。

大地の恵みはトマトベースでたまねぎのせいか、少しとろりとした感じ。
私のアジアの香りは豚骨と昆布だしで、さらりとした感じ。
豚骨ベースとか、昆布だしとかのカレーって、私的にはあんまり好みのところは少ないのだが、それほど臭みもなく、カレーの味を邪魔しない程度だったので、まずまずの美味しさ。
どちらも我々の口にはちょっとしょっぱいと感じた。

ここのお店には専用駐車場がなくて、2000円以上の飲食でサンプラザホテル駐車場1時間無料とのこと。
裏にあるパチンコ屋だと無料(パチンコ屋でスタンプ押印してもらって)だな、さもパチンコしたかの様にしてスタンプもらおうと、そこにとめたのだが、帰りにパチンコ店に戻ると、どうみても従業員が目を光らせてる感じ、っていうか、全然暇そうな店内、よく見ると誰一人パチンコ玉の箱を積んでる人が見当たらない。
とてもスタンプだけもらえる雰囲気じゃないので、やむなくパチンコ玉の買い方すら知らない二人がパチンコ挑戦することに。
二人とも1000円は投入したものの、玉の出し方もわからずきょろきょろ。
なにがなんだか全くわからないまま、台がって光ってみたり、おしゃべりしてみたり。
あれよあれよという間に、二人とも15分ほどで撃沈。
駐車場代をけちったおかげで二人で2000円も使ってしまう結果になって、食べたカレーよりも高い駐車場料金となる。


090307蔵の湯 苗穂駅前温泉 蔵の湯

すっかり貧乏となった二人は、すごすごと苗穂駅前にある蔵の湯へ。
以前一度入浴したことあり。
公衆浴場のスーパー銭湯なので420円。
リターン式のコイン入れる靴箱にお金を入れようとしたら100円が出てきた。
パチンコに負けたことを察知したか。


中は洗い場のカランの数も多いので、心配いらず。
一応温泉(冷鉱泉)、塩素臭ありだけど、仕方ないね、と諦めもつく。

露天風呂は中庭中央にひとつと、その脇に洞窟風呂になっている。
屋根のない露天に、舞い落ちる雪がとてもきれいに見える。
火照ったからだの、湯船から出てる首や肩にちくりちくりと落ちてくる雪の冷たさ。
もうすぐこれを楽しめるのも終わりだなぁとしみじみ味わう。

シャンプーリンスなどの設備はなし。
ドライヤーは3分10円。

久々にumamiにあったので、あれやこれやの近況など。


3/5~6

仕事でメンバー達との1泊旅行。
今回は近場でということでー、札幌市内観光と定山渓温泉。

まずは道立近代美術館でやってる「セザンヌ主義」を見学。
セザンヌの影響を大きく受けた画家たちの作品、ピカソやマティス、ゴーギャン、モディリアーニなどなど、有名どころの作品が色々と集まってる感じで、こういう見方もなかなか面白いなぁと思いつつ鑑賞。
行動時間の制限やメンバー達と一緒だったりで、なかなか自由に観ることができなかったので少々残念でしたが、仕事なのでやむなし。

ちなみに障害者(と引率者)は1300円のところ、無料です。

090305石屋2 昼食を挟み、午後からは白い恋人で知られてる(賞味期限偽装で知られてる?)石屋製菓の「白い恋人パーク」へ。
白い恋人の製造ラインの見学や、チョコレートカップとして使われてたという器のコレクションギャラリー、昔のおもちゃギャラリーなどの見学コースをぞろぞろと歩く。

チョコレートラウンジにてソフトクリームを食べて休憩。
以前ここがコンサドーレ札幌の1番のスポンサーだったこともあって(今は確かニトリ家具が1番)、ラウンジの向こうにコンサの練習場がよく見えるのだが、このときは選手居ず。

090307白い恋人1予算内に白い恋人1箱プレゼントというのも盛り込んだので、各自1箱(12枚入り)を家族への手土産用に。
いつでも食べれると思うと地元の人はわざわざ買うことがないので、久しぶりに食べたよー。



090305ミリオーネ小一時間ほどかけて定山渓温泉到着。
ホテルはミリオーネ
広間での宴会食です。
特別な料理でもなかったけれど、差しさわりのない、値段からしたらまずまずな料理かも。
勤務中なので指導員は酒なしでやたら高いテンションせねばならぬ…。

今回は女性メンバー3人、女性指導員3人なので、6人一部屋の大所帯でした。
みんなで お風呂へ。
個人的には入浴したことがあったが、相変わらずの結構な塩素臭。
いくつかに分かれた内風呂だけど、どれもさほどの違いなし。
中にある檜風呂の壁には北海道に咲く、はまなすやラベンダー、エンゴサク、レブンアツモリソウなどなどのきれいな草花のタイルがあります(女性風呂のみ)。
メンバーも一緒なので、これまたのんびりともいかずですが…。

部屋に戻って夜食サービスのおむすびを部屋にもってきてみんなで食べる。
いやー、もう入んないわ~といいつつ、みんなしっかり

夜は普段から眠剤飲んでも全く寝れない人もいるので、覚悟をしていたが、マジ眠れず。

090306温泉卵朝風呂にも入り、バイキングでしっかりごはんも食べて10時にチェックアウト。
ホテルの裏にある公園で温泉卵作り。
ワタクシお手製の台所の水切りネットを使って作った卵袋に各自3個ずつ卵を入れて、合計50個を温泉の中に投入。
15分~20分で出来上がるところ書かれてるが、以前何度か作ってみたらいつも普通のゆで卵に出来上がるので、今回は9分ほどで引き上げてみた(程よい温泉卵に出来上がったよ!)。

090307大黒屋饅頭
待ってる間、すぐそばにあるお饅頭の老舗で温泉まんじゅう購入。
朝の作りたてだからいいね。

そんなこんなで、ここ数年お休みしてた1泊旅行も終わりました。
不眠不休の28時間勤務となりました。
今いる指導員も全員3月末でここでの仕事から離れます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。