夢でござる 2010年05月
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5/29
5月末までの割引券利用で、ユンニの湯へ。
混んでるかと思ったが、めずらしく空き空き、やったー!

程よい湯温、広い露天も空いてるし。
のんびり互いの職場の話など。

100529ボンベイブルー外観  100529ボンベイブルーチキン

S戸君の妻から聞いた、岩見沢カレー情報をもとに、本日はインドカレー。
教育大近くにあるボンベイブルーというお店です。
インド人がやってる北インドのカレーです。
スープカレーにしようかとも思ったりしたけど、やっぱここは普通にチキンカレーセットでしょー。
チキンカレーにはナンとサフランライス、サラダがセット。
辛さは5段階、umami辛口、私大辛で。
いまひとつら頼んだ辛さが物足りないなぁ…と思ったところへ、
味の加減を聞きに来てくれて、二人とももう少し辛くしてもらう。
なかなかお店の方の対応もよろしい。
久しぶりのインドカレー、美味しかった。
っていうか、食後メチャクチャ苦しい~、死ぬかと思った。
(残せばいいのに卑しい二人であった)

車に乗ってからも発する言葉はどちらも
「くるしー」しかでてこない。
しゃべる気にもならないわとしゃべってる二人。



100529めーぷる倶楽部 お店からさほど遠くない所にめーぷる倶楽部があるので
 そこにもお立ち寄り。
 メープルシロップの味のバームクーヘン購入。








100529S戸車 ここまで来たからにはキジの卵も購入。
 S戸君のやってるお店へ。
 玄関先には先日買ったオープンカーが停まってる。
 敷地内にはいるようだが、店内にはいなくって、
 帰ろうとしたところにS戸君着。
 キジの雛を見せてもらう。






100529キジヒナ小屋 小屋は幾つかの部屋に分かれていて、
 生まれて数日のヒナ達がチョロチョロと
 UFOみたいな機械の周りを走りまわっている。
  








100529きじヒナ2手に乗せるとかわいー!!
 ほんわか体温が伝わってくるよー♪

そのあと孵卵器の中も見せてもらう。
キジの卵が卵の格好をしてる中に、ヒビが入ってるものも混じっている。
そろそろ顔を出すところらしい。
奥のほうには卵から孵ったヒナもいましたよー。
こんなの見たら、食べるのが忍びないね。




スポンサーサイト
5/20~5/28
20日、新札にて職場の歓迎会。
同じ法人内のスタッフとも初顔合わせ。
仕事場での飲み会は超苦手なんだけど、ごくごくフツーに、淡々と終了。
現木工指導員と同じ方向の帰路なので、二人で帰る。


22日 厚田方面へ…。

100522ラ・カンパネッラ  途中、当別のつじの蔵へ立ち寄り。
 当別の産直品が購入できます。
 お豆腐・ポークハンバーグなど購入。
 
 厚田漁港にてタコ・糠鰊・数の子など購入。
 昼食は国道沿いにあるラ・カンパネッラで。
 高台にあるため日本海を眺めながらの食事。

 
100522ラ・カンパネッラカレー 
オムカレーが美味しいと何かで書いてたけれど、
今回はumamiはカレー(550円)、私はチーズをトッピングしてみた。

 自家製カレーって感じかな。
 味的には、可もなく不可もなく。
 しかし全く辛くはない。

 夕日を眺めながらのコーヒーにはきっといいところです。

 
100522厚田1 毎年恒例の観桜会。
 最高に満開!
 桜のトンネルを抜け、
 一通り敷地内の8千本の桜を見てまわる。
 やっぱり虫が多くて
 umamiはら車から降りず。

 ここが宗教団体の場所でなければなー…。








帰り道、前から気になっていた、豚肉の看板が出てる会社へ寄ってみる。

100522アスパラ狩り1 SPFの豚を飼育し、お肉やその加工品を
 販売してるお店でした。

 ふと店内に、「アスパラ200円」のかごを発見!
 しかし売り切れ。
 もしや会社のすぐ脇になってるアスパラか、
 と思い聞いてみたら、今、農場に収穫に行ってて、
 もうじき戻ると言う。
 少しくらい待ってま~す!と答え、
 店内ウロウロしていると、
 「よかったら、そこ(店の横)のアスパラを
 自分で採ってきてもいいんですが…」というではないか!

100522アスパラ狩り2

ならば、とカッターを借りて、umamiとアスパラ狩りすることに!

超太いのが4本くらいで200円とのこと。
(太い方がおいしいらしい)
採り方を教えてもらい、各自5本ずつ収穫。

戻ってレジに行くと、計るわけでもなく、中もたいして見るわけでもなく、5本で200円でしたー♪
もぎたてが食べれるからウキウキヾ(>▽<)ゞ








北のたまゆら江別

あとはいつも行くたまゆら江別にて入浴100522たまゆら江別

ここは温泉銭湯(400円)だけど、最近、リンスインシャンプー・ボディーソープが備え付けられたよ。
ちなみに他のたまゆらは値段も600円から800円とまちまち。
しかもシャンプー・ソープ設置はここだけらしい。

多少混んでても、洗い場のカランの数やお風呂の広さも狭いということがないので安心だ。 
... 続きを読む
5/8

小金湯温泉 まつの湯

珍しく9時半前に出発。
今日は久しぶりに まつの湯に。

日帰りは2時間500円と、1日コース(9時~23時半)1000円がある。


早いので空いてるー!!
以前来た時に、塩素の匂いが強かったイメージがあり、敬遠していたが、今日は全く感じない。
ささにごりのお湯。
露天に面した豊平川は、春の増水で、濁流状態で流れてました。
あと一週間もすれば、桜を眺めの露天だろうなぁ。


100508サボイ4番そのあと幌平橋近くにあるSAVOY本店へ。
私の好きなカレーのベスト3の中のひとつです。

今日は、季節の野菜とチキンのスープカレーで。
辛さは私4番(大辛だったか?)とUMAMIは3番(辛口)、ライスは小。

私好みのサラサラスープはやっぱり美味しい。
でも今回の具財はちょっとがっかりかな。
特に人参最悪、久しぶりにこんなまずい人参を食べたかも。
カボチャは美味しかったヨ♪


そのあと、斜め向かいにある北かりにもお立ち寄り。




100508土現3 寒地土木研究所にも寄ってみた。
 ここは千島桜。
 最高の見ごろ。
 同じ千島桜でも、色の白いものやら
 濃いものやら…。
 umami説はオスかメスの違い←怪しいな
 今年も見れて良かった~!



 土研の近くにあるMrsNewYorkにも
 お立ち寄り。
 元々は七福だんごのお店。
 今度はおだんごにしようっとー!





2010.05.05 子供の日。
100420こいのぼり 5/5
 連休も終わりだー、明日から仕事だー

 職場で作った板はがきだー!!







100505麦の香買い物のついでに先輩1103宅へお届け物。
パン好きの1103に美味しいパンでもと、寄ってみたけど売り切れ。
休みの日は午前中で売り切れちゃうんだよね。


先日、ヨーロッパ旅行した1103、噴火のせいで、パリに一週間近く足止めを食らった話、NPOに変わった職場の近況や
日頃の話などなど、いっぱい愚痴きいてもらってきました。

2010.05.04 虎杖浜へ
5/4
本日は、もと職場関係の知人に誘われてドライブ。

100504たらこ家2  100504たらこ家1

お昼ごはんは水産会社がやっている「たらこ家」にて!

おしゃべりしながらようやくたどり着いたら、混んでるー!!
店先にはたらこや海老や珍味などを販売していて、2000円でたらこの詰め放題とかやってました。
その奥に3~4卓かな、食べる所があります。

ともかく食べようと、並んでみたが、40分待ちとのこと。
さすがに断念。


100504登別・あらし 諦めて、どこかないかと探して、
 登別にある食堂「あらし」へ。

 本日のオススメメニューに「ホッキカレー」があったのでそれに。
 カレーの味は普通のカレー風、でもホッキがおいしかったよ。



虎杖浜温泉 ホテルいずみ

街の外れにあるホテルいずみ へ

ノーリターン(100円)のロッカーに貴重品を入れて、脱衣場に入ると満杯。

内湯、露天とも加水、循環もなし。
ささにごりのお湯、無臭、若干甘みを感じる。

海を見ながらの露天に浸かり、至福のひとときを過ごす。
仕事の話、日頃のこと、趣味の話どなどなど。

運転しながら、こっちを見ながら身振り手振りでおしゃべりするのでヒヤヒヤ(汗)。

2010.05.03 キジを囲んで
100503喜地丸燻 5/3

 函館から、大学時代の友人がご夫婦でやってくるとのことで、
 岩見沢の友人の勤める施設(兼食堂)に集合!
 毎年、きじの卵を買いに行く施設です。



函館からの友人は、現在、ガン治療を受けていて、ちょっとしんどそうだったけど、気持ちは元気で、ちょっと安心。
彼とは実家がわりと近かったので、一緒に帰ったり、1,2年の頃は特に遊んだりしてたんだよな(他の友達とも一緒に)。
学生時代の話やら、ガンの状態の話、近況など、キジのお鍋やキジラーメン、キジ釜飯、キジの親子丼などのキジ三昧を平らげながらお話。

そのあと、S戸君宅にお邪魔して、またも四方山話。
あれこれと、学生時代の出来事を思い出す。

ステージ4という状況から、正直、きびしいなーと思って、会うのにも気持ちがひけてたんだけど、会えてよかった。
きっと、本人も奥さんも、苦しいだろうなーと思うけど、前向きに生きてる力強さはすごいなー、応援コールだよ!
今を大切にしなきゃね!
っていう理由からなのか(?)、彼の念願だったであろう、外車のオープンカー購入して、カッコよかったぞ!
(と思ったら、S戸君までオープンカー購入してたー

また状態が悪くならないうちに、みんなで会いたいね!

それにしても奥さんが言ってた、学生時代の写真の変態写真ってなんだろー?
ぜーったい私は写ってないはずだからねー!!


100503きじまるくん※S戸君、いつもアリガトウね、本当に感謝です
ところで、この貼り紙にあてはまる言葉は?→→

5/2

清志郎の命日。
思えば小学5年の朝の番組で、テレビ初出演のキヨシローを見て以来のファン。

そして今日はNHKFMで、昼12時から、11時間のぶっ通しの一周忌追悼番組。
過去の話や音楽がぶっ続け。

清志郎で溢れていて、感動的、且つ涙モノ。


好きな曲は、君が僕を知ってる帰れない二人Day dream believerスローバラード・・・

あー、あの頃のライブ感とか、思いとか、時が巻き戻されている。
5/1
5連休スタート!!

今年の黄金週間は、黒松内方面!!

100501道の駅蘭越 蘭越の道の駅にお立ち寄り。
 入り口地面には、こんな模様が…。
 ここでじゃがいも(きたあかり)購入。





100501道の駅黒松内  100501道の駅黒松内1

まずは黒松内道の駅、11時半頃到着。
ここのベーグルがおいしいというので、お昼にでも…と、入ってみたら長打の列。
ベーグルサンドのテイクアウトはダメとのことで、ベーグル3種、特産のトゥワ・ヴェールのベーコン、町内のお豆腐屋、みうらの雪ぼうず購入。

ネットで勉強した黒松内の美味しいものを探して、探して・・・

100501すずや外観

ようやくたどり着いた和菓子のお店、すずやさん♪
ほんとに山の中の農家の一軒屋。

100501すずや2 100501すずや4 100501すずや5


玄関に入ると、色んなメニューが貼ってあって、中から若奥様と、まだつかまり立ちの赤ちゃんがお出迎え。

100501すずやねりきり 重箱に入れた、本日の和菓子を見本に、選びます。










100501すずや鮎  100501すずや3  100501すずや柏餅

初めて且つ、滅多に来れないので、一通り全種類。
朱田川の鮎(こしあんと求肥の2種)、桜のおまんじゅう、柏餅、ほかにきんつば、わらびもち、
そして、重箱の中の練りきりの中から1つ(私は着物の袖を見立てた形のもの、umamiは満開の桜型)を購入。

なんでも、ご主人が北海道が気に入って、黒松内の移住お試しを経て、横浜から山の中の一軒屋に越してきたそうです。

心のこもった手作り和菓子、厳しい北海道の暮らしも楽しんでる様子、ステキでした♪

 


100501黒松内温泉ぶなの森   黒松内温泉 ぶなの森

 ベーグルサンドも食べそびれたので、黒松内の温泉にて食事。
 入浴料500円、ランチとのセットで800円ってのがあったので、それで。

 幾つかのメニューから選べるんだけど、中に、ハーフ&ハーフなる、
 オカマなのか、ニューハーフなのかわからないメニューがあったので注文してみる。

100501ぶなの森のランチ

カレーのハーフとラーメンのハーフでした。
味は、しょーもない・・・のお味。
セットで昼食分とすると300円で食べることになるので、諦めるしかないね。
せっかくなら、特産を使ったメニューがあればいいのになぁ。



お風呂は、玄関を開けた途端、予想がつきましたが、どえりゃー漂白剤の香り。
いやぁ、久しぶりにこんなにすごい塩素臭味わいました。
無味、無臭、と書きたい所だが、なんせすごいので、舐める勇気なし、無臭というより塩素臭とでもいうべきか。
それでも少しツルツル感がある。
もともとはきっといいお湯だったんじゃないかなぁ、残念!!
100501黄金外観 100501黄金露天2

さてさて、予定では長万部だったが、急遽、ニセコ方面の温泉に入ることに。

ニセコ 黄金温泉

昆布方面に走ってる途中で、何年か前から気になってる黄金温泉の看板発見!
初めの頃は、知る人ぞ知る・・の感じだったけど、今ではテレビや雑誌にも載ってるので、きっと混んでる…
けど、一応どんなとこか寄ってみよう!

と行ってみたら、まるで車がないじゃないか!!
これは入るべき!!と、急遽入湯。

なんせここの方が、自分で作ったという、小さなお風呂。
手作り感たっぷり。
数人入れば満員の内風呂に入り、そのあと露天へ。


100501黄金露天1 100501黄金露天湯口

100501黄金露天五右衛門 100501黄金露天寝湯

広大なニセコ連邦を眺めながらのお風呂。
半混浴というか、岩で途中まで分かれています。

そして五右衛門風呂が女性側には2つ。
その横には、寝湯というか、四角い、一人用お風呂。
お湯の中に、ゴムシートが敷かれているんだけれど、なんだかやたらに寝心地(角度と深さ)がいいぞー。

お湯は、茶褐色のナトリウムー塩化物・炭酸水素塩・硫酸塩泉、鉄分の味がする。
もとのお湯は、透明らしいけど、空気に触れると茶褐色になってるらしい。
そして、ポコポコところどころにお湯が湧き出ていて、炭酸泉のようです。

熱湯好きにはぬるいかもしれませんが、我々にはちょうどいい湯加減、お湯もよし、眺めもよし、脱衣場もこぎれいに清掃されてるし、おまけに空いてるし、とっても満足。

その前に入ったぶなの森の塩素が、きれいに流された感じだぁ。




ニセコ昆布温泉 鯉川温泉

100501鯉川外観 さて、その近くにある、老舗温泉、鯉川温泉にも入ってみる。
 
昆布温泉って名前は、アイヌの人たちが道の目印として木に昆布を結び付けていた事から、命名されたらしい。
明治32年の開湯の北海道では古いほうの温泉です。
ここの鯉川温泉は日本の秘湯を守る会に登録されてる場所。

内湯のカランは3つと狭いが、我々はお湯につかるだけだったから、混んでても大丈夫。
(といっても、10名程度いたかな)
さらりと内湯に入り、露天へ。
露天風呂は滝が流れてるのを眺めながらです(滝見の湯)。
まだまだ木々の間には残雪が残っていて、雪解けの増水した滝をめることができました。

お湯はささにごりの薄緑色した、神秘的な色。

湯船のへりに腕枕しながら、のんびり、ぼんやり滝を見ながら。



100501鯉川自販機 umamiが来るまで、ぶらぶら古い廊下を歩いてて発見!
いまどき、こんなシャワーキャップの自販機があるとは!!
(他にもバイタリスの自販機も!)。









100501羊蹄山 4時をまわり、そろそろNAVIを「自宅に帰る」にセット。

朝から曇っていたのに、帰りにはエゾ富士と呼ばれる羊蹄山が!
みごとだね、羊蹄山。

途中、あちこち道の駅(真狩、ニセコ、ルスツ)にも立ち寄り。
コジャックという、初めて聞いた葉野菜(調べたら、チャービルのことみたい)、珍しい品種の芋(さやあかね・ゆきつぶら)やら豪雪うどんやら、購入。

ナニワ金融道にも負けない、マルサマークつきの職場から昨年足を洗った、プータローumamiが、カタギの職場、しかも保育園というケガレなき世界に足を踏み入れることになったので(連休明けから)、私もumamiもしばらく有休なし。
そんで、今年の夏の遠出ドライブ計画などを話しながらの旅となる。

あ、あと、今回行かなかった、二股らじうむ温泉も課題として残ったね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。