夢でござる 2011年10月
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.10.31 人生勉強
10/29
ハローワーク通いももうすぐ終了、
暇にしてても何にもせずにいるので、
2か月間の限定のバイトに行くことにした。

53歳にして始めての派遣登録。
説明を聞き、書類に記入し、派遣の仕組みがこうなってるのか…と、身を持って実感する。
確かに「使われるモノ」となってく自分に、ある意味怖さを感じる。
子供たちには派遣でも何でもいいから、とにかく働けなどと言ってた自分を省みることとなった。
いい勉強になったな。

仕事は大手デパートのおせちのパック詰めらしい。
9時~17時。マイカーでの通勤(8キロくらい)。
日曜、祝日は休み(こういう工場でなかなかないので決めたんだけど)。
あとは平日の週1日どこかで休みを貰える(希望も出せるらしい)。
シフトも1ヶ月単位ではないみたいなので楽だ。
11/2から開始(といっても3日は休み♪)。

さらにこれからの2か月間は、これまた勉強になるだろうな。

なので平日遊んでくれる方は早めにご一報くだされ!
体バラバラでなかったらなんだけど(汗)。

働く前に掃除も片付けももっとやっとけばよかった、などと、
今更ながら後悔してるが、ま、これで理由がつくか( ´;゚Д゚)・;'.、・;'.、ヵ゙ハッ

スポンサーサイト
10/22
今日は遅い出発だったのに、行くとこ行くとこ、お店が見つからなかったり、つぶれてたりで、
ぐーるぐる
もう仕方がないからと、全然期待できないけど、大麻駅前にある「じかん」行ってみよ。

111022じかんメニュー1 111022じかんメニュー2
とりあえずスープカレーはある、ルーカレーもある。

11122じかん辛さ 私はどうにも期待はずれな気がして、チキンのルーカレー430円、
umamiはやっぱりスープでいってみたい、とのことでチキンのスープカレー880円。

なんだかビミョーな金額で辛さがUPします^^
二人とも20円プラスの辛さで。


111022じかんチキンカレー 111022じかんスープカレー

・・・・・・

・・・・・・。

結論は・・・学食風。
でも学食で880円のカレーはないな∵・゚ゞ(゜ε゜ヽ)ブッ



そのあと久しぶりにたまゆら江別。
久しぶりにコーヒー色のとろりの湯。
久しぶりに熱くないお湯。
ちょっと熱めだったけど、安心して入れる心地よさ(汗)。

旅行の反省会(笑)やumamiはここのところ公私ともに超多忙だの話など。



111022どんぐり 帰りにパン屋のどんぐりに立ち寄り。







2011.10.18 孫にまごまご
10/18

ようやく産まれて7日目にして孫の名前が決まった。
なんて呼んでいいものやらで、
勝手に馬奈奈(バナナ)と呼んでました



そういえば・・・

孫の馬奈奈が産まれた時、
お父さんである長男だけが分娩室に先に入れたのだが、
なかなか出てこない。
待合にいる総勢7名でカメラか携帯持たせればよかったね!
などと、待ちわびてるところへちょっとだけ長男がもどってきた。
慌てて嫁母がカメラで撮ってきて!と渡したが、
その後すぐに出されてきた長男が、
「1枚しか撮れなかったわー、でもさぁ…」
とカメラを戻してよこし、一同覗き込む。
『どれどれ、どっちに似てるかな?』
などと覗いて一同大笑い。

  ↓ ↓

CA3G0299.jpg  似てるもなにも…!!










そんな我が孫馬奈奈を
退院して初めて見学に行きました。
家での初入浴を私に譲ってくれました^^
嫁母の心遣いを感じます。

111017初入浴1



10/14~16、2泊3日の函館方面の旅。
先輩1103といつものumamiとで。
行程は、泊まり先は決まってるけど、
これまた車に乗ってからどこを走るか決定。

今回は道南、鹿部方面→函館のルート。
デジカメ持参したので、いつもより写真多いかな。
(クリックで大きくなります)


鹿部方面

鹿部間欠泉正面 鹿部間歇泉公園

 ここの間歇泉は約10分間隔で
 温泉が噴き出すとのこと。






間欠泉2 間欠泉1 間欠泉4 間欠泉足湯

公園向かいの物産展のビッとマスカラ上下しっかりついてるおばちゃん情報で、
お薦めのお蕎麦屋さんにて昼食。
111014鹿部やぶ政 111014鹿部かしわそば


さらに公園管理者らしきおじさんお薦めの、
温泉情報を元に、そばにある亀の湯へ。

鹿部温泉亀の湯1 亀の湯内湯
客は誰もいなかったが、一応バッグを番台のおばちゃんに預けようとしたところ、
『誰も来ないけどね』と、何度も自信ありげに言われた(実際こなかった)。
ナトリウム塩化物泉、ささにごり。
お湯はとてもいいのだが熱し。お水でおばちゃんが埋めてくれて45~6度位か。
源泉のままだと絶対無理なので加水もやむなし><。
出るときおばちゃんとおしゃべりして、3人の写真まで撮ってくれました^^

泊まる予定のホテル恵風方面へ向かう。
が、ナビも入れてるくせになぜか全員恵山側だとご認識していて、
着いたところが椴法華方面のドン詰まり。
時間もあるのでせっかくならと、
水無海浜温泉に行ってみる。


水無海浜温泉3 水無海浜温泉4 水無海浜温泉1

 そこは『水有海浜温泉』となっていて、
 スニーカーまで水に浸かる者もおりました(T T)
 干満の時間帯での入浴なので、行った時には
 入浴不可能であった。
 水着なきゃここは無理だし(汗)




時間があるので、恵山側のどん詰まりまで行くことに。

なとわえさんイカ干し 道の駅「なとわえさん」に立ち寄ると、
 建物の影でスルメが干してた。








なとわえさん浜辺 広い砂浜で、ライダーらしき男性が釣り。





御崎海浜温泉 どん詰まり近くにある御御崎温泉浜の湯
 ここは地元の人の温泉なのだが、
 以前来た時には、清掃料金程度を入れて
 入浴できたが、今では地元民のみみたい。
 っていうか、しっかり数名のジジババ混浴中。 
 



その近くにある石田温泉のお湯がすごいと聞いたのを思い出し、
探してみたが、見当たらなくてかなりウロウロ。

以前山の斜面にあったのだが、どうやらH14年に崖崩れで移転したらしい。


石田温泉 探して探してようやく石田温泉発見!
 すっかりきれいになってました。







111014石田温泉内湯 111014石田温泉露天

お風呂はこじんまりとしててこざっぱり。
お湯を舐めてみると、ウエ~ッ
すっぱーい!!
塩分のある、へんな酸味のあるお湯><。
味的には川湯温泉に近いかな。
含炭酸性明礬・緑礬質硫黄性となってる。

111014石田温泉1 111014石田温泉2
なんでもここ、恵山のお湯は、日本一のアルミニウム含有量らしい。
入るとなんとも不思議なべたつき感。
一旦粘土の中に体を突っ込んで出てきたみたいな(なんという例えじゃ!!)。
その後もしばらくその余韻が体にまとわりついていました。



薄暗くなってきたので、宿泊のホテル恵風(ケイプ)へ。
恵風夕食献立 111014恵風刺身

「板長お任せ―浜の漁師の晩ご飯プラン」についてたお刺身は、さすがにおいしかったー^^
若い人にはお肉がなくて物足りないかもだけど、我々には十分♪

お風呂は1階のとどぽっくる(日帰り入浴客もここ)、3階の中浴場の二つがあり、
2種類の泉質があるらしい。


111014恵風売店 朝のロビーでは、地元のおばちゃんが
 山海の品々を売っていて、ちょっとおしゃべり。






111015恵風マッハ 見たことのない山の実らしきものがあって、
 (写真奥。手前は食用ほおずき)
 「これはなんぞや?」と聞くと、
 『これは”マッハ”さぁ』と言う。
 うーむ、マッハ、まっは、どんな字だろう、
 何の実だろう?
 だれかわかる人いる?
 一粒もらって食べたけど、特に、というものでもなく、
 ほのかに甘みがある。
 きっと昔の人(や、山育ちの人)には懐かしいものかもしれない。
 ほかに北海道では珍しいあけびや懐かしいコクワの実も売ってた。
  
2日目へつづく・・・
2011.10.16 函館の旅2日目
10/15
恵風から函館へ移動。

まずは私の実家(と言っても高齢者下宿だが)へ3人で行きちょっとおしゃべり。
途中で、私の姉も顔を出す。
先輩1103が実家に行くので日中はumamiと二人の行動。

千秋庵総本家でお菓子を購入。

ベイエリアにある海鮮工房に車を停め、ちょっと買い物&昼食(きくよ食堂にて)。
海鮮工房1 海鮮工房店内


一度行ってみたいと思ってたいか煎屋に立ち寄り。

いか煎屋1 いか煎屋メニュー

目の前でイカ・えび・ほたてをのっけてお煎餅を焼いてくれます。
その場で食べることも、お持ち帰り用にもしてもらえます。


いか煎屋2 いか煎屋3

お煎餅は、うーん、まずくはないけど、こんなもんかな?の感じ。
坂角のえび煎餅のほうがいいかな。
でも焼いてるところ見れてよかった^^

高田屋嘉兵衛資料館 待ってる間、まわりをキョロキョロ。
 気がつくとすぐ隣に高田屋嘉兵衛の資料館。
 中に入るには煎餅が出来上がるし…断念。
 






 
谷地頭温泉玄関函館の温泉といえば谷地頭温泉
激熱湯で知られるところだが、昨日から45~47℃に挑戦してばかりいたので、
ぬる湯好きの二人もさすがに慣れてきた(といっても長湯は無理)。
umami初入浴。
ナトリウム・塩化物泉。茶褐色、しょっぱい。
ここは42℃の温泉ジャグジー、43℃の内湯(ぬる湯)、44℃の露天、45℃の内湯(あつ湯)となっていて、
内湯の形がど真ん中に巨大浴槽、そのまわりにぐるりと洗い場になっていて、かなりの広さ。
露天風呂は五稜郭をあしらった星型の形。

これまで市営の温泉だったが、近いうちに民間が経営する話も出ている。
そうなるとまた風情が変わるのだろうか?
なんともいえない庶民的な洗い場の雰囲気は変わらないでほしいな。
学校の生徒の下駄箱みたいのは変えてもいいけどさ。
(いっぱい人がいるので撮影できず、せめてもと下駄箱撮りました><)


先輩からお迎えCALL。
自宅へお迎えして、途中、先輩1103姉を湯の川まで送る。


 函館奉行所へ。
 奉行所正面
ここのところ、司馬遼太郎の竜馬が行く、竜馬伝など、
明治維新前後にはまっていたので、とても興味深く、とてもよかった。

奉行所内2 奉行所内1
 奉行所内の間取りや、復元プロジェクトの様子なども見ることができて、
何せ、憧れる職業に「宮大工」もある私なので(汗)、できるだけ当時の建物を忠実に復元するのに随分労力を費やした様子など、面白かったー。

しかし昼の奉行所の外観がよく使われているが、ライトアップされた奉行所もなかなかきれい。
まだ明るいうちに来て、ライトアップの奉行所を帰りに眺めるのもいいかも。

五稜郭タワー すっかり暗くなり、
 五稜郭のお堀を通りながら駐車場へ向かうと、
 五稜郭タワーがどーんと頭上に。









さて、夕ご飯。
回転寿司で知られる函太郎の、五稜郭店には個室もあるので、そこにしようと行ってみたが、あいにく満席。



111015湯の川しん善 雑誌HOに載ってたおすし屋さんに急遽変更。
 地元のお寿司屋さんって感じで、
 特にこれといった別メニューもないが、
 美味しいネタでした。
 HOを見たといったからか(多分)、
 茶碗蒸しがサービスで。





湯の川しん善
しかしよくある普通のお寿司屋さん、
待ってる間、よく見ると
なぜか木の置物にガンダムがさりげなく!!
しかも店主も同じ色のすし屋の上着を着ている。
店主の息子が置いたのか、はたまた店主の趣味か…。



湯の川でのお泊りは、「まるせん」という小さな旅館。
一泊朝食付きで4000円(楽天とか通すより旅館サイトからの予約のほうが安かった)。
値段が値段なので、絶対ボロボロ、せめて小奇麗ならよし、朝食もパン・コーヒーオムレツまたはご飯・味噌汁・納豆・漬物程度だろうと、全然期待せずに行ったが、建物こそ古いが、部屋はきれいで、女将さんもちゃんとお部屋へ案内してくれて、しかもいまどき、部屋の入り口の玄関にひざまずき、「ごゆっくりお過ごしください」というお言葉。
ひと段落してお風呂へ。

日帰り客は受け入れていないらしいが、どうやら地元知り合いらしい人は入ってる様子。
入ってみてびっくり!
お風呂の椅子が、石の長いす状態。
二人でそこに腰掛けるようになっている。
空いてるところへ座ろうとして、常連ばぁさんが吹っ飛んできてすごい剣幕で
「ここに荷物置いてるんだから場所取ってるのわかるしょ!!」
と吹っ飛んできた。
それからというもの、umamiと1103は箸が転がった状態で笑いが止まらず、
何見ても話してても笑いをこらえるのに一苦労。
久々にすごい席取りばばぁに出会いました。

お湯はナトリウム・カルシウム-塩化物泉。
ささにごりの源泉かけ流し。
加水してないので熱くて、いかにも湯の川のお湯という感じ。

111016まるせん朝食 朝食はしっかり純和風のもの。
 全然ちゃんとしてるじゃないか!!
 この値段でこれなら十分!!
 美味しくいただきました。

 ちなみにこのまるせん、
 最近では温泉のお湯を使ったパンが人気らしい。
 さらにカフェでやってるランチも評判らしい。
 お昼近くにならないと焼きあがらないらしく、
 今回は食べれなかったが、また実家に来た時にでも寄ってみよう。
 また、夜ご飯のついたプランがなかったが、来てみるとこのカフェで食事もできる様子。
 実家からも近いので、一人で泊まるのもここがいいかも。
2011.10.16 函館の旅3日目
10/16
旅館を出て、雑誌に載ってて、姉も美味しかったよというお菓子を買いに、湯の川にある老舗高級旅館若松へ。

湯の川若松 若松湯元2 若松湯元

ここは湯の川の大きなホテルに囲まれた、今では小さくなってしまった古い古い、由緒正しき旅館。
玄関前の東屋には源泉の場所からボコボコとお湯が沸いています。

何かお茶関係の集まりがあるのか、朝早くからお客が続々、全て着物姿。

入り口でお菓子購入と伝えると、忙しい中、案内してくれて、湯の川でもここでしか売ってないお菓子を購入。
四個で945円、価値があるのかなぁ?それでもせっかくなので買って。

ちなみにここの一泊は4万円位。
泊まった場所は4千円、お菓子は4万のお店で(うっ)

実家に顔を出し、挨拶してから10時頃出発。

大沼公園3 途中、大沼公園に立ち寄り。

少し紅葉が始まってきていたよ。




大沼公園紅葉 大沼名物の「大沼だんご」やお酒などを購入して、
「紅葉まつり」を」やってるというので、ぶらり。





大沼公園1 ←「どうぞお休みください」と」書いてあったって、
 こんな人が立ってたら入れないじゃないか!






大沼公園2 ←フレンドリーベアというお店。
 そうはいってもこの熊の間を通って
 食事に行くのもなんだかなぁ…。







洞爺湖にて昼食。
わかさいも本舗洞爺湖本店にて。
噴火湾で採れたホタテの釜飯

洞爺湖 111016わかさいもレストラン


おなかを満たし、高速に乗らず、大滝→美笛→千歳へと向かう。

名水亭紅葉1 大沼公園4 
途中、大滝あたりが最高の紅葉!
あまりにもきれいで、名水亭の駐車場に車を停めて、高台にあるホテル玄関から写真を撮ることに。
すると、来客案内の中国人のおねーさんが写真を撮ってあげましょうと、
三人を写してくれました^^

111016熊除け車の中では、母から貰ってきた荷物の袋についた熊除けの鈴が、時おりチリンチリンとなったりして(何故つけたのか謎)。

そんなことして帰宅したのが17時半。



楽しい旅となりました。
予想外に鹿部方面へ行くことになり、亀田半島半分制覇。
Umamiは北海道の外回りの行ってないところが、亀田半島左半分とあと幾つかの場所とのこと。
次回は左半分制覇したいねーなどと。
いつも運転手のumami、お疲れでした┏○ペコリ 







2011.10.12 満月
10/11
かわいいお姫様が産まれた。

前夜から何度か病院を往復し、陣痛の間隔が縮まらない嫁のY衣。

明けて午前中からY衣の母と病院へ行くと、すでに陣痛は3分おきになっていて、
我が陣痛のことを思い出しつつ背中をさする。

向こうのお母さんと、談話室であれこれおしゃべりしたり、近くでお昼をとったりして時間を潰す。
顔合わせの時と、結婚式の時と、先日ちょっと自宅にお邪魔した時くらいしか会ってないので(電話では打ち合わせなどの話はしてたが)、長い時間、他愛もない近況や日常のことなど。
気さくでひょうきんなお母さんなので、気兼ねなくお話できる方。

そんなことしてるうちに、14時30過ぎに長男が早退させて貰えたといってギリギリ駆けつけて、出産になんとか間に合った。

分娩室のそばで、親子3人で聞き耳を立てているうちに、
3時11分、
「おめでとう!元気なお嬢さんですよ!」の声。
一同顔を見合わせる。

カンガルーケアを実施している病院なので、なかなか家族にお声がかからず、その後、長男だけが呼ばれしばらく出てこない。

せめて孫の顔と、嫁の様子だけでもひと目見たら帰るのに…と言いつつ、生まれてから2時間半以上も待たされる。

ようやく嫁Y衣と姫○○(まだ名前決まらず)が病室に。
いやぁ、ちっこくて、赤くて、なんとも無垢。

体重 3046g 
身長 46.8cm。 

当たり前だけど、50cm定規より短い・・・。


おなかにいる時、3400g、足の長い子と言われていて、
名前はアキコ(和田から)か?とかいってたが、
出てきてみたら思ったほどの大きさでもなかった。

まずは母子ともに元気でなにより^^


帰り道、大きな大きな満月。
やっぱり満月とか大潮のときに産まれるのが多いのかな。





とっくに書いててアップするの忘れてました。

どうなった?メールなどくださった方々、
ありがとうです┏○)) ペコリ
10/9
まだややこは出てこず。
すでにおなかの中では3400gと言われ、
嫁Yとは和田アキコかもとの結論に…。
早く出て来ーい!!

さて、今日はumamiとカレー&お風呂。
白石区にある我楽夢へ。

駐車場がお店の前にはなくて、ちょっと離れてるが、お店の方にききながら停める。
(2台分の駐車スペースあり)

111009我楽夢 なんでも夜は居酒屋さんらしく、また昼間はカレーのほかに普通の定食メニュー(カツ丼や刺身定食みたいな)もあるみたい。
とりあえず我々はチキンカリーのUmami7番、私8番で。
ライスは小(100g)。他に普通(200g)大盛(300gだったか?)、ライスなしは100円引き。

駐車場で苦労したせいか、1番客だったせいか、はたまた誰にでもそうなのか、待ってるあいだ、ゴマドレッシングのかかった豆腐のサラダが出てきました^^

他の常連らしきお客にも、なにやら出してるから、馴染みになるとアットホーム的なお店なんだろう。

111009我楽夢チキン8 スープカレーは、サラサラ系。
 かなりの量(特にスープ)があります。
 そしてちょっと珍しいのが、チキンがカリカリに揚げたのと、やわらか系の2種類(どちらも骨なし)が入ってること。

 それとテーブルには「米ぬか」なるものがおいてあり、説明によると体にとてもいいらしく、それをカレーに振りかけると甘みあるんだわー、まずなめてみてごらんとのこと、確かに甘みあるよ。

 おなかも苦しくなるのでシンプル、野菜少な目のチキンカリーにしたが、芋・人参・ブロッコリーが随分沢山入ってて(他にピーマン・パプリカ・ゆで卵半分もあり)、おなかくるしー。
他のお店の1.5人前~2人前くらいあるのでは。

 とにかく人懐っこい方みたいで、随分気さくに話しかけてくださるのが印象的。
 もっとゆっくりしてってーとか、また来てねとか、みたいなこと言ってました。
 夜はきっと近所の人たちのたまり場になってるんだろうな。



そのあと久しぶりにたまゆら。
umamiによると、先日、どこかの温泉に、温泉用の小道具入れポーチ(化粧水やブラシの入れた)を忘れてきてなくしたとのこと。
それを「だんだんあなたに似てきた」と、忘れ物名人のように私のことをのたまう…。
しかし私よりもっとすごいのが、どこに忘れてきたかもわからないということ、
いやぁ、負けたな、忘れ物名人の殿堂入りだわ(ちなみに私とumamiのほかにはOKKAさんも入るからね!)。







2011.10.06 熊出没
昨日から、札幌市内中心部に熊が出没したニュース。

Okkaさんちあたりもだいじょぶかな?
配達途中で出会わぬように…などと考えたりして。

毎日畑作りに熱中してるえつご屋の畑は
キジもサギにアライグマ、ミンク、キタキツネ、エゾシカと、
あらゆる動物が出没してて、あとは熊だけだ、といったことを思い出したりして。



CA3G0289.jpg 久しぶりにサイクリングロードでも散歩
 ぷー太郎はすでにブー太郎となり、
 このまま冬眠する熊となるか…。

 とにかく歩く。
 木々は少しずつ色づきはじめてる。





CA3G0288.jpg だんだん人里離れ、
 ウォーキングする人も、
 サイクリングする人も、
 前にも後ろにも見えなくなってきた…。
 
 うー、、、このままもし、
 ここで熊に出会ったらどうしよう…。
 千歳の民家も襲ってるくらいだし、
 どうやって回避するか、
 携帯は咄嗟のために握り締めておこう。




などと考えながら、木々のサワサワを気にして歩いてると、
ぎょっ


熊に出くわした!!

CA3G0287.jpg




2011.10.06 まだ(;^_^A
10/6
ほんもののばーさんになる予定の日。
先日嫁のYに会った時には、小さい体に大きならいでんすいかを抱えてる状態で、
DrがらもGOサインがでてるとのこと。

お腹のなかのDVDにはちゃんと目も鼻も口も、5本の指(合計20本だけど)も
ちゃんと映ってた(「゚ー゚)ドレドレ..

つわりもほとんどなく、途中大変なこともなく、出産を迎えれるようで何よりだねぇと、嫁母ともお話。

しかし毎日、今か今かと、いつ呼び出されるかと気が気でない姑であった(´Д`)ハァハァ 
2011.10.03 名目は書道展
9/23
またいつもの母の書道展見学。
恒例の、先輩1103とumamiとの3人です。

先にパソコンパーツを探しに行ったりしてからようやく到着。

毎回同じ会話、「何回見ても、なんでこれが賞に入ってるか、よさがわからない…」
そして3人とも、1年で一番「はぁー」、「ふーん」、「うーん」の連発する日。
今回は展内で、書道展の選考会の様子や入選した書の書評をVTRで流すのも座ってみてみたりして、
これまた「はぁ、ふーん、うーん」・・・。
今年も『さっぱりわからない』の言葉で締めくくる。


110923もっきりセンター1 110923もっきりセンター

なぜか一度行ってみたいと携帯に登録してたお店へ行ってみることにしたが、
生憎、祝日でお休み。残念だなぁ。


仕方がないのでぶらりぶらりとよそ見しながら入ったお店
110923根室1 110923根室2
予備知識なしで入ったのだが、いかにも観光客受けしそうなお店か。
向かいの個室(?)はなんと土管!
しかも案内され、座ったカップルの男のほう、入るなり頭をぶつけ、背を屈めて飲まなければならなくて部屋を変えてもらっている…。

我々はというと、カニクリームコロッケを注文したら、バイトのおねーちゃんがわざわざやって来て、一皿3個じゃないがいいのか?と聞かれ、いいよと言って出てきたのが、山盛りのコロッケ!
一人2個×3人前!全員となる。
結局、こちらが言ったのを取り違えたのか、バイトの子が料理人に言ったのを取り違えたか…。
しばらく厨房ではもめてる声も聞こえるし。

漁師町の居酒屋風になってるが、いまひとつの食べ物だし、コロッケ事件もあるべし、なんだかなー、、
さっさと切り上げよう・・・。
出る前にお茶もらってからにしよーとオネーちゃんを呼ぶと、なんと、お茶はありませんだって!!
またもとなる。

やれやれ、んじゃ、その斜め向かいのお店(ここがはじめに行くつもりだったお店)へ。
チェーン店みたいだし、なんだか入り口がとってつけたようで、ちゃらちゃらした感じで、どうかなぁと思ったが、お鮨の握り職人さんたちもちゃんといて、思ったよりちゃんとしてて(失礼だね)、ってか、その前ひどすぎたから余計にまともに感じたー!!
しかし、なんでここにしたかというと、クーポン20%OFFがあったからなのに、きれいさっぱり忘れて、まともに支払ったことを後日気づいた。

やた早い時間から飲んでるので、2軒はしごしてもまだ9時すぎ。
110923テレビ塔2 110923テレビ塔1

ぶらりぶらりとテレビ塔の色が変わるの見たりしながら札幌駅方面に向かう。

どこかもう一軒寄って帰ろうとあちこち、ほんとにあちこち探すが、祝日のせいか、ラストオーダーも早いようで、開いてるのは大手チェーンの居酒屋ばかり。
かなりの距離をうろうろしたが(1時間くらいも)、結局いいだけ時間ばかりが経ってしまい、諦めておとなしく帰宅。

先輩1103とumamiは1年ぶりくらいで、前に会ったのはいつだったのか、どこにその時行ったのか?など、ここでも過去の記憶力テスト。
帰って私の日記見たら全部わかるはず(そのために書いてんだから!?)、と言ってる私も記憶なし。

このページも次回、役に立つことだろう(?)。
2011.10.03 復活か?
ある朝突然PCが壊れてしまって、
PCショップのパーツ部門責任者(らしい)の次男へメール。
普段はメールや電話しても3日も4日も音沙汰ないくせに、
パソコンのこととなるとちゃんと連絡がきた。

110923PC1.jpg 110924PC4.jpg 110924PC8.jpg 110924PC5.jpg 



状況説明して、不具合の想定箇所を教えてもらうが、パーツの名称言われたって、
てんでトンチンカン。
おかげでここか?あそこか?と10枚以上も写真送ったりして
一番可能性のあるパーツを買うことに。
ついでに壊れかけてたCPUクーラーもついでに購入。

110924PC9.jpg 110924PC10.jpg

指定のものを買ってきて開けてみたら
次男の顔みたいなのがついてる!!

取り付けはさほど難しくはないんだけれど、
結局、次男も実物見ていないので診断もできないとのこと、
ほかも考えられるというが、もう面倒になって、
結局ノートPC購入♪

私の取り付けがおかしいのかもしれない、
とりあえず古いPCは次男が帰ってきて修理してもらうまではそのまま取っておくことにした。
でもちょっとパソコン内に詳しくなってなんか嬉しい、やっぱ経験だ。

それにしてもパソコンショップの店員、なかなかのオタク系やらアスペ系の多いこと!
ある意味卓越したものを持ってるけど、社会で暮らすには大変だろうなぁ・・・とか思ったりして。
(というわが息子も店員だった…汗)


が、今度は新しいPC。
OSも変わって、キーボードの配置もちと違って、前のデータも全てないので、操作など大変!!
でも今までいらないものもどっさり入ってたのもきれいさっぱりリセットして
気分は一新だ^^

とりあえずやっとここに書けるまでになりました。
(普段いいだけ書かないでても気にしないくせにねー)


これからハローワーク。
またのちほど・・・(いつになるやら)。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。