夢でござる 珍道中函館の旅 1日目
FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10/14~16、2泊3日の函館方面の旅。
先輩1103といつものumamiとで。
行程は、泊まり先は決まってるけど、
これまた車に乗ってからどこを走るか決定。

今回は道南、鹿部方面→函館のルート。
デジカメ持参したので、いつもより写真多いかな。
(クリックで大きくなります)


鹿部方面

鹿部間欠泉正面 鹿部間歇泉公園

 ここの間歇泉は約10分間隔で
 温泉が噴き出すとのこと。






間欠泉2 間欠泉1 間欠泉4 間欠泉足湯

公園向かいの物産展のビッとマスカラ上下しっかりついてるおばちゃん情報で、
お薦めのお蕎麦屋さんにて昼食。
111014鹿部やぶ政 111014鹿部かしわそば


さらに公園管理者らしきおじさんお薦めの、
温泉情報を元に、そばにある亀の湯へ。

鹿部温泉亀の湯1 亀の湯内湯
客は誰もいなかったが、一応バッグを番台のおばちゃんに預けようとしたところ、
『誰も来ないけどね』と、何度も自信ありげに言われた(実際こなかった)。
ナトリウム塩化物泉、ささにごり。
お湯はとてもいいのだが熱し。お水でおばちゃんが埋めてくれて45~6度位か。
源泉のままだと絶対無理なので加水もやむなし><。
出るときおばちゃんとおしゃべりして、3人の写真まで撮ってくれました^^

泊まる予定のホテル恵風方面へ向かう。
が、ナビも入れてるくせになぜか全員恵山側だとご認識していて、
着いたところが椴法華方面のドン詰まり。
時間もあるのでせっかくならと、
水無海浜温泉に行ってみる。


水無海浜温泉3 水無海浜温泉4 水無海浜温泉1

 そこは『水有海浜温泉』となっていて、
 スニーカーまで水に浸かる者もおりました(T T)
 干満の時間帯での入浴なので、行った時には
 入浴不可能であった。
 水着なきゃここは無理だし(汗)




時間があるので、恵山側のどん詰まりまで行くことに。

なとわえさんイカ干し 道の駅「なとわえさん」に立ち寄ると、
 建物の影でスルメが干してた。








なとわえさん浜辺 広い砂浜で、ライダーらしき男性が釣り。





御崎海浜温泉 どん詰まり近くにある御御崎温泉浜の湯
 ここは地元の人の温泉なのだが、
 以前来た時には、清掃料金程度を入れて
 入浴できたが、今では地元民のみみたい。
 っていうか、しっかり数名のジジババ混浴中。 
 



その近くにある石田温泉のお湯がすごいと聞いたのを思い出し、
探してみたが、見当たらなくてかなりウロウロ。

以前山の斜面にあったのだが、どうやらH14年に崖崩れで移転したらしい。


石田温泉 探して探してようやく石田温泉発見!
 すっかりきれいになってました。







111014石田温泉内湯 111014石田温泉露天

お風呂はこじんまりとしててこざっぱり。
お湯を舐めてみると、ウエ~ッ
すっぱーい!!
塩分のある、へんな酸味のあるお湯><。
味的には川湯温泉に近いかな。
含炭酸性明礬・緑礬質硫黄性となってる。

111014石田温泉1 111014石田温泉2
なんでもここ、恵山のお湯は、日本一のアルミニウム含有量らしい。
入るとなんとも不思議なべたつき感。
一旦粘土の中に体を突っ込んで出てきたみたいな(なんという例えじゃ!!)。
その後もしばらくその余韻が体にまとわりついていました。



薄暗くなってきたので、宿泊のホテル恵風(ケイプ)へ。
恵風夕食献立 111014恵風刺身

「板長お任せ―浜の漁師の晩ご飯プラン」についてたお刺身は、さすがにおいしかったー^^
若い人にはお肉がなくて物足りないかもだけど、我々には十分♪

お風呂は1階のとどぽっくる(日帰り入浴客もここ)、3階の中浴場の二つがあり、
2種類の泉質があるらしい。


111014恵風売店 朝のロビーでは、地元のおばちゃんが
 山海の品々を売っていて、ちょっとおしゃべり。






111015恵風マッハ 見たことのない山の実らしきものがあって、
 (写真奥。手前は食用ほおずき)
 「これはなんぞや?」と聞くと、
 『これは”マッハ”さぁ』と言う。
 うーむ、マッハ、まっは、どんな字だろう、
 何の実だろう?
 だれかわかる人いる?
 一粒もらって食べたけど、特に、というものでもなく、
 ほのかに甘みがある。
 きっと昔の人(や、山育ちの人)には懐かしいものかもしれない。
 ほかに北海道では珍しいあけびや懐かしいコクワの実も売ってた。
  
2日目へつづく・・・
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://youyu78.blog59.fc2.com/tb.php/539-8c93ab97
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。