夢でござる 函館の旅2日目
FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.10.16 函館の旅2日目
10/15
恵風から函館へ移動。

まずは私の実家(と言っても高齢者下宿だが)へ3人で行きちょっとおしゃべり。
途中で、私の姉も顔を出す。
先輩1103が実家に行くので日中はumamiと二人の行動。

千秋庵総本家でお菓子を購入。

ベイエリアにある海鮮工房に車を停め、ちょっと買い物&昼食(きくよ食堂にて)。
海鮮工房1 海鮮工房店内


一度行ってみたいと思ってたいか煎屋に立ち寄り。

いか煎屋1 いか煎屋メニュー

目の前でイカ・えび・ほたてをのっけてお煎餅を焼いてくれます。
その場で食べることも、お持ち帰り用にもしてもらえます。


いか煎屋2 いか煎屋3

お煎餅は、うーん、まずくはないけど、こんなもんかな?の感じ。
坂角のえび煎餅のほうがいいかな。
でも焼いてるところ見れてよかった^^

高田屋嘉兵衛資料館 待ってる間、まわりをキョロキョロ。
 気がつくとすぐ隣に高田屋嘉兵衛の資料館。
 中に入るには煎餅が出来上がるし…断念。
 






 
谷地頭温泉玄関函館の温泉といえば谷地頭温泉
激熱湯で知られるところだが、昨日から45~47℃に挑戦してばかりいたので、
ぬる湯好きの二人もさすがに慣れてきた(といっても長湯は無理)。
umami初入浴。
ナトリウム・塩化物泉。茶褐色、しょっぱい。
ここは42℃の温泉ジャグジー、43℃の内湯(ぬる湯)、44℃の露天、45℃の内湯(あつ湯)となっていて、
内湯の形がど真ん中に巨大浴槽、そのまわりにぐるりと洗い場になっていて、かなりの広さ。
露天風呂は五稜郭をあしらった星型の形。

これまで市営の温泉だったが、近いうちに民間が経営する話も出ている。
そうなるとまた風情が変わるのだろうか?
なんともいえない庶民的な洗い場の雰囲気は変わらないでほしいな。
学校の生徒の下駄箱みたいのは変えてもいいけどさ。
(いっぱい人がいるので撮影できず、せめてもと下駄箱撮りました><)


先輩からお迎えCALL。
自宅へお迎えして、途中、先輩1103姉を湯の川まで送る。


 函館奉行所へ。
 奉行所正面
ここのところ、司馬遼太郎の竜馬が行く、竜馬伝など、
明治維新前後にはまっていたので、とても興味深く、とてもよかった。

奉行所内2 奉行所内1
 奉行所内の間取りや、復元プロジェクトの様子なども見ることができて、
何せ、憧れる職業に「宮大工」もある私なので(汗)、できるだけ当時の建物を忠実に復元するのに随分労力を費やした様子など、面白かったー。

しかし昼の奉行所の外観がよく使われているが、ライトアップされた奉行所もなかなかきれい。
まだ明るいうちに来て、ライトアップの奉行所を帰りに眺めるのもいいかも。

五稜郭タワー すっかり暗くなり、
 五稜郭のお堀を通りながら駐車場へ向かうと、
 五稜郭タワーがどーんと頭上に。









さて、夕ご飯。
回転寿司で知られる函太郎の、五稜郭店には個室もあるので、そこにしようと行ってみたが、あいにく満席。



111015湯の川しん善 雑誌HOに載ってたおすし屋さんに急遽変更。
 地元のお寿司屋さんって感じで、
 特にこれといった別メニューもないが、
 美味しいネタでした。
 HOを見たといったからか(多分)、
 茶碗蒸しがサービスで。





湯の川しん善
しかしよくある普通のお寿司屋さん、
待ってる間、よく見ると
なぜか木の置物にガンダムがさりげなく!!
しかも店主も同じ色のすし屋の上着を着ている。
店主の息子が置いたのか、はたまた店主の趣味か…。



湯の川でのお泊りは、「まるせん」という小さな旅館。
一泊朝食付きで4000円(楽天とか通すより旅館サイトからの予約のほうが安かった)。
値段が値段なので、絶対ボロボロ、せめて小奇麗ならよし、朝食もパン・コーヒーオムレツまたはご飯・味噌汁・納豆・漬物程度だろうと、全然期待せずに行ったが、建物こそ古いが、部屋はきれいで、女将さんもちゃんとお部屋へ案内してくれて、しかもいまどき、部屋の入り口の玄関にひざまずき、「ごゆっくりお過ごしください」というお言葉。
ひと段落してお風呂へ。

日帰り客は受け入れていないらしいが、どうやら地元知り合いらしい人は入ってる様子。
入ってみてびっくり!
お風呂の椅子が、石の長いす状態。
二人でそこに腰掛けるようになっている。
空いてるところへ座ろうとして、常連ばぁさんが吹っ飛んできてすごい剣幕で
「ここに荷物置いてるんだから場所取ってるのわかるしょ!!」
と吹っ飛んできた。
それからというもの、umamiと1103は箸が転がった状態で笑いが止まらず、
何見ても話してても笑いをこらえるのに一苦労。
久々にすごい席取りばばぁに出会いました。

お湯はナトリウム・カルシウム-塩化物泉。
ささにごりの源泉かけ流し。
加水してないので熱くて、いかにも湯の川のお湯という感じ。

111016まるせん朝食 朝食はしっかり純和風のもの。
 全然ちゃんとしてるじゃないか!!
 この値段でこれなら十分!!
 美味しくいただきました。

 ちなみにこのまるせん、
 最近では温泉のお湯を使ったパンが人気らしい。
 さらにカフェでやってるランチも評判らしい。
 お昼近くにならないと焼きあがらないらしく、
 今回は食べれなかったが、また実家に来た時にでも寄ってみよう。
 また、夜ご飯のついたプランがなかったが、来てみるとこのカフェで食事もできる様子。
 実家からも近いので、一人で泊まるのもここがいいかも。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://youyu78.blog59.fc2.com/tb.php/540-3db7efea
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。